Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

恋の伝説が残る神威岬★遊歩道の先に見える絶景

札幌から約1時間半、「神の岬」とも呼ばれr神威岬の遊歩道を歩いて絶景を見に行きませんか?
美しい積丹ブルーを眺めながら恋の伝説を思う、何ともロマンチックな旅を味わうことができますよ。

  • mippi更新日:2014/10/01

view18

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 伝説の残る「神威岩」

     

    中央にそびえる岩は、奇岩「神威岩」。
    周辺に広がるブルーの海の色が岩を引き立てています。

  • 奥州から蝦夷に逃れた源義経は、身を寄せた首長娘「チャレンカ」と恋仲になりましたが、追っ手が来ていた義経は旅立ちます。

    後を追ったチャレンカ辿り着いたのが、この神威岬。
    しかしもう義経はいませんでした。

    チャレンカは悲しみのあまり、この岬から身を投じたという物語があるのです。

  • 神威岩は、そのチャレンカ姫の悲しみが形となり、岩となったと伝えられています。
    出典 :義経伝説ーチャレンカ姫
  • 以来、女性を乗せた船が通ると必ず転覆し、神威岬は女人禁制となった。
    出典 :[魅力]積丹伝説
  • 幻想的な夕日

     

    ボーっと夕日を眺めていると、まるでここが日本ではないような気持ちにさえなってきます。

  • ちょうど今時期が紅葉のきれいな北海道。
    北海道旅行をされる方は、少し遠くまで足を延ばして神威岬の遊歩道を歩いてみてくださいね。

2/2