Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

知ってました?オセロ考案したのは日本人なんです!一人で行ってもボードゲームができる東京のお店♪

先日、オセロを考案した長谷川五郎氏が83歳で亡くなりました。世界大会まで開催されるオセロのようなボードゲームはアナログの魅力がたくさんあります。最近では一人で訪れてもボードゲームが楽しめるお店も増えています。今回は東京でオススメのお店を紹介します。

view31

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 単純なのに奥深いボードゲームの魅力

  • オセロの考案者、長谷川五郎さん

     

    長谷川さんは1945年、戦後で物のない当時に遊べるおもちゃとして、牛乳の蓋の片面を黒く塗りつぶして、オセロを考案し、1973年には日本オセロ連盟を設立し、会長を務めました。愛好者は全国におよそ6億人いると言われています。2016年6月20日に83歳で亡くなりました。

  • 小さな頃に家族や友人とボードゲームをした思い出があるという人も多いのではないでしょうか。
    最近ではインターネットの普及で、世界中の人と楽しめるオンラインゲームが人気ですが、密かにアナログなボードゲームへの人気も集まっているようです。

    ボードゲームといえば、古くはチェスや囲碁、将棋などがありますが、最近でも多くのボードゲームが生まれています。例えば、オセロは戦後に日本人が考案し、世界的に普及したボードゲームです。

    オセロの魅力はなんといっても、単純なルールなのに、奥深さがあるところです。現在ではオセロの世界大会が開催されている、世界的に人気のボードゲームの1つです。

  • ボードゲームはお店で楽しむ時代に?!

  • ボードゲームといえば、家で家族や友人と楽しむ印象がありますが、最近の核家族化や単身世帯の増加、または嗜好の多様化などで、ボードゲームを一緒に楽しむ人を探すのにも苦労するようになりました。

    そのような消費者のニーズを満たすために誕生したのが、ボードゲームを楽しむことができるお店です。

    一人で行って複数人で楽しめるゲームのお店といえば、麻雀などがありますが、お金をかけたり、飲酒、喫煙などをすることが多く、健全に遊びたい人にはちょっと敷居が高い場所ですよね。

    しかし、近年、続々と誕生しているボードゲームのできるお店は、もっとカジュアルに訪れることができるお店が多いようです。
    庶民的な感じやカフェのようなお店、あるはバーのようなお店まで様々なお店があります。


    気に入ったボードゲームをやり込みたい人や、いろんなボードゲームを楽しみたい人が一人で行っても遊べるお店ですが、やはり、最初に訪れるのは勇気が必要ですよね。

    そのような時にはイベントが開催されている日などを狙って訪れてみましょう。

    今回は東京にある、気軽にいけるボードゲームができる店を2店紹介します。

  • DEAR SPIELE

     

    所在地:東京都中野区東中野4-9-1第一元太ビル4-A
    営業:平日13:00~23:00 土日祝10:00~23:00

  • 東京の中野にあるある「DEAR SPIELE」では、ほぼ毎週金曜日に、「ボードゲームナイト」というイベントが開催されます。
    ボードゲーム初心者の人やお店でボードゲームをする雰囲気がいまいちわからない、という人にはこのイベントから参加することをおすすめします。

    きっと楽しいボードゲーム仲間がすぐにできますよ♪

  • レッドワールド

     

    所在地:東京都新宿区百人町1-23-17大久保南口共同ビル3階
    営業:平日13:00~23:30 定休 土日祝

  • 様々なボードゲーム、アナログゲームを楽しみたい人には、新宿にある「レッドワールド」がおすすめです。
    こちらには世界中のボードゲームやカードゲームなどがあり、じっくりゲームを楽しむことができます。

    しかも、こちらはカフェメニューが充実しているのも魅力的です。
    美味しいドリンクを片手に、次の一手を熟考できます。

    こちらでもイベントが開催されており、ボードゲームのイベントは毎週金曜日に開催されています。

  •  

    オセロをはじめとしたボードゲームは、大人から子供まで楽しめるものですが、大人は日頃のストレスの解消に、子供は思考力や指先の運動機能の向上、さらにコミニュケーション能力が身につくことでも知られています。

    特に、年齢や性別などがバラバラなメンバーで行うことで、その効果は倍増します。
    いつもはオンラインやアプリ派のあなたも、たまにはお店でアナログゲームを楽しんでみませんか?