Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

湧き水の出る場所は東京都内ではどこにあるの?

  • cocoa更新日:2014/12/11

view254

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 東京にも数多くの湧き水スポットがあるので、少し足をのばすだけでおいしい見ずに出会えるはず。湧き水はそのままでは飲めないものも多いですが、持ち帰ってわかして使えばご飯がおいしく炊けたりコーヒーの味が変わったりと素敵な体験をさせてくれます。そんな湧き水を東京でくむことの出来る場所をまとめました。

  • 子安神社(八王子市)

     
     

    とても水量が多く、湧き出す音がはっきりと聞こえてくるほど。水は非常にきれいな透明でそのまま飲めそうに思ってしまいますが、必ず煮沸消毒をしましょう。一時細菌が確認されたこともあるためです。

    住所:東京都八王子市明神町4-10
    電話番号:042-642-2551

  • 子安神社の湧き水が流れる洗い場

     
     

    ここで野菜などを洗う、洗い場として使われていました。今でも水がたっぷりと流れているのがよくわかります。

  • 岩清水(小澤酒造)(青梅市)

     
     

    名水100選に選ばれた御岳渓谷から流れるのが岩清水。岩の隣においてあるコップで湧水を少しあじわってくださいということでしょうか。
    そして、小澤酒造内の洞窟から湧き出た水はお酒の仕込み水として使われています。湧き水を利用したお酒、非常においしそうですね。

    住所:東京都青梅市沢井2-770
    電話番号:0428-78-8215

  • 殿ヶ谷戸庭園(国分寺市)

     
     

    湧き水が流れ込む池でとても水がきれい。もみじの紅葉と透き通る水の美しさが素敵な秋の景色をみさせてくれます。

    住所:東京都国分寺市南町二丁目
    電話番号:042-324-7991 殿ヶ谷戸庭園サービスセンター
    開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

  • こちらの水は飲めません(殿ヶ谷戸庭園)

     
     

    現在では水を汲んで持ち帰る人はいないよう。水を汲む場所も特に見当たりません。
    この看板によれば縄文の時代には使われていた、とかかれているので今ではもう飲用にはできなくなってしまったのですね。

  • 龍の入不動尊(武蔵村市)

     
     

    昔から使われている歴史の長い湧き水で、飲用OK。白糸の滝との呼び名もあり、水の流れは細いですがとめどなく流れています。現在も水をくみに訪れる人が多数。

    住所:東京都武蔵村山市三ツ木5丁目9−5
    電話番号:042-560-0808

  • 獅子の口の湧き水(奥多摩町)

     
     

    このぽっかりと空いた穴の雰囲気がまるで獅子の口のようなのでこの名前がつけられました。確かに今にも大きく口をあけそうな様子です。
    ちなみにここから湧き出た水は登山客から愛飲されています。この近くではきれいな水を使ってわさびの栽培もされているそう。

    住所:東京都西多摩郡奥多摩町大丹波
    電話番号:0428-83-2152

2/2