Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

育てて楽しい!食べて美味しい!節約にもなる!ベランダガーデニング

view764

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 野菜やハーブは買っても一人暮らしだと余らせがち。
    必要な分だけ自分で育てて新鮮なものを収穫して食べれば、安心食材になり、節約にも一役買います。
    緑のあるベランダは心も癒され、インテリアの一部としてもオシャレでGood!
    一人暮らしの女性でもベランダで簡単に育てられるガーデニングをご紹介。

  • ハーブは食べた気がしない!もっとベランダを菜園らしくしたいという、あなたにおすすめの野菜は?

  • ミニトマト

     
     

    春に苗を植え、支柱を立てます。茎と葉の間から出るわき芽をまめに摘み取り、定期的に肥料を与えましょう。
    6月から8月頃にかけて収穫できます。

  • ゴーヤー

     
     

    直射日光を好み、暑さに強い。
    つるをどんどん伸ばしていって実をつけますので、ベランダでは、柱や手すりの柵を使って丈夫な支柱を立て、そこに園芸ネットを張って、ゴーヤーのつるをはわせて育てていきます。
    真夏にはベランダの良い日よけにもなってくれます。

  •  
  • 条件が悪くてもあきらめないで!

  • 「うちのベランダは日陰なのよね」、「景観が悪くて・・」、「ベランダが狭い・・」といった方も、工夫次第でベランダ菜園は楽しめます!

  • 日陰でも育つ野菜

     
     

    アスパラガスや、いちご、レタス、春菊、ネギ、ショウガなどは半日陰でも育ちます。軒下の明るい日陰、木漏れ日やレースのカーテン越しの日照があればOKです。

    ワラビ、しそ、らっきょう、ミョウガなどは北側のベランダや日陰の環境でも育ちます。

  • オシャレなガーデニンググッズで工夫♪

     
     

    ベランダが狭くても、ガーデニンググッズ、プランターカバーなどをオシャレなものに変えるだけで素敵な空間に。
    テーブルやイスを置けるスペースがあるなら、自分だけのとっておきティータイムを楽しむことができます。
    景観が気になる場合は、オシャレな目隠しを利用するのも手。植物をおくことで目隠しにすることもできます。