Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

大阪駅のほど近く!「大阪天満宮の観光」に出かけてみよう

大阪天満宮の観光に出かけてみよう。てんまのてんじんさんの呼び名で親しまれているそうですよ!

view31

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大阪天満宮は

  • 創建は天暦3年(949)。社伝によると、昌泰4年(901)当時、右大臣をつとめた菅原道真(845-903)は朝廷の権力闘争に敗れ、太宰府へ左遷される途中、現在の天満宮の境内にある大将軍社に立ち寄って参拝した。道真の死後、そこに光り輝く松が生えたという話を村上天皇が聞いたため、大将軍社へ道真を祀ったのが始まりとされる。
    出典 :大阪天満宮:OSAKA-INFO 大阪観光情報
     

    これがはじまりなのですね。

  • 毎年7月24・25日には、1000年余前からつづく「天神祭」が催され、古式ゆかしい衣装を身にまとった3000人が街を練り歩いたり、夕闇のなか100隻を超える船団が川面を行き交ったり、そこへ3000発以上の花火が打ち上げられたり
    出典 :大阪天満宮:OSAKA-INFO 大阪観光情報
     

    このような催しがされている事もあるそうです。

  • 外観からは

     

    想像できない程の活気があふれた催しで楽しませてくれるのが、ここの大阪天満宮と呼べるのではないでしょうか。

  • 交通に関しては

  • 交通 /□地下鉄谷町線、堺筋線-南森町(DEF階段を上り、4番出入口を出てすぐの天神橋商店街に右へ、二ツ辻目を左へ50m) □JR東西線-大阪天満宮駅(JR東西線3番出入口(東西線アクセスビル)を出てすぐの天神橋商店街に左へ、二ツ辻目を左へ50m)
    出典 :大阪天満宮(天神祭) 大阪の観光情報 どこいこ
     

    交通に関しては他にも色々あるので、調べてみるのも良いかも!

  • 平安時代

     

    中期に御鎮座されてから、江戸時代の記録に残るだけで7度もの火災にあいながら親しまれ続けていると言う所がすごいですよね。

  • 天神祭と

  • 天神祭は、千年を越える伝統と歴史を誇る祭りだけあって、数多くのエピソードが残っています。元禄時代には、討ち入りを控えた大石内蔵助の妻のお理玖さんと末息子が見物に訪れていた、という逸話が近年の研究で明らかになりました。
    出典 :大阪天満宮|天神祭
  • 政情不安の続くこの時期に、神様にお出ましを願うわけにはいかないと断固拒否し祭りを中止したという記録も残っています。その他、時代の流れや新しいイベントを上手に取り込む懐の深さを持ち合わせているのも天神祭の魅力です。
    出典 :大阪天満宮|天神祭
1/2