Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

京都の路地裏カフェ 京町家の歴史を感じながらゆっくりできるカフェを紹介します。

京都の路地裏カフェには、細い路地に息づく京都の人々の生活や歴史を肌で感じることができるのが一番の魅力です。古いお寺や歴史ある神社など観光スポットめぐりを楽しんだ後は、ノスタルジックで趣きの深い路地裏で、京の町家の良さを大切に利用したカフェで古都の風情を感じてみませんか?

view163

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 京都の路地裏カフェで古都に思いを馳せてみませんか

  • Ital Gabon(アイタルガボン)

     

    河原町丸太町の交差点を北東側へ、北に向かって河原町のもう1本東の路地中通にある素敵なカフェです。普通の家が建ち並ぶ路地にあるこのカフェは、木のぬくもりいっぱいの店内が広がる。2010年7月にオープンした新しいカフェですが、どこか懐かしく温かみがありゆっくり過ごせる路地裏カフェです。お得なランチも有ります。店内奥のスペースは、ギャラリーとして使用されています。
    無垢のフローリングと本棚が印象的です。

    【Ital Gabon(アイタルガボン)】
    京都府京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町435
    075-255-9053
    11:30 ~ 22:00 ラストオーダー 21:00( ランチタイム 11:30 ~ 15:00 )
    ランチ営業、日曜営業 ※イベント等の関係で、営業時間変更有り
    不定休
    京阪電鉄 「神宮丸太町」 下車 駅から 徒歩5分
    京都市バス 「河原町丸太町」 下車 停留所から 徒歩3分

  • 居心地がとてもいいです。
    本を読んだりおしゃべりしたり、ゆっくり時間が流れるようです。
    出典 :居心地抜群!また来ちゃった♪『Ital Gabon』72軒目 | 京都カフェランチ日和
     

    居心地がよいのが一番ですよね。

  • 今日はのんびりカフェで過ごそうかな、という時にオススメします(^∀^)
    出典 :居心地抜群!また来ちゃった♪『Ital Gabon』72軒目 | 京都カフェランチ日和
     

    時間がたっぷりあってのんびりできる日には、おすすめのカフェです。

  • かぜのね

     

    京都・出町柳駅前のアパ-トを丸ごと改装して作られたカフェです。知る、感じる、つながるをテーマにしています。型ぐるしい場所ではなく、美味しい物を食べて楽しい気持ちで、既存のものにはとらわれない普遍的なものを求める生き方や働き方を実践すれば、おのずとその輪は広がるという思いが詰まったカフェです。本棚にはたくさんの本が並んでいます。本を読みながらゆっくりと自分の時間を過ごすことが出来る落ち着いた路地裏カフェです。

    【かぜのね】
    京都府京都市左京区田中下柳町7-2
    075-721-4522
    12時~22時(LO)
    ランチは14時まで/ディナーは18時より
    ランチ営業、日曜営業
    定休日  月曜、第二第四日曜日

  • 「かぜのね」が他のカフェと決定的に違うところは、来てみて一目瞭然。まず目につくのは「できることからはじめよう」の精神で、入り口脇に設置した「雨水タンク」です
    出典 :京都の路地裏から“顔のみえるエネルギー”を!出町柳の多目的カフェ&シェアオフィス「かぜのね」 [わたしたち電力] | greenz.jp グリーンズ
     

    しっかりしたコンセプトのもと出来ることなら、はじめよう!と色々なことをされているカフェですね。

  • 中はかなり広々としていてゆったりしている
    。座ってみると逆に席がもうちょっとあっても良いかなぁなんて思ったり。奥には畳のスペースもあり、一人でも2人でも複数でもそれぞれくつろげる形が出来ているのが嬉しい。外の光もサーッと入ってきて気持ちいい。
    出典 :気持ちの良い風を感じる(京都・出町柳 かぜのね) : たびあそび
  • 京都のオバンザイ風メニュー

     

    野菜にこだわって、お友達のお家にでも遊びに来たような雰囲気の中でいただくランチは最高ですよね。

  • このお店は、癒される。まず、お店の雰囲気が良い。ひとりでも、誰かとでも、どんな空間も邪魔しないで寄り添ってくれるような雰囲気。
    出典 :かぜのね [出町柳/カフェ] - Yahoo!ロコ
1/3