Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

歴史好きなら絶対行きたい!京都の歴史巡り必見スポット

近年、「歴女」という言葉が出てきたり、テレビやメディアでも歴史が取り上げられることが多くなったりと、歴史が注目を集めています。旅行の観光として、歴史に関するものを巡りたい、と思う人も多いはず。そこで今回は、歴史の宝庫・京都で歴史の人物の紹介と共に歴史を巡っていきたいと思います!

view114

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 新撰組

     

    ご本人たちの写真ではありませんが、新撰組もまた歴史ファンの間では圧倒的な人気を誇っていますね!近藤勇や土方歳三、沖田総司などなど。国のために戦った姿が、今もなお語り継がれています。ドラマやアニメなどでも取り扱われることが多いので、知っている人は特に多い歴史人かもしれませんね。

  • 江戸時代末期(幕末)に、京都において反幕府勢力を取り締まる警察活動に従事したのち、旧幕府軍の一員として戊辰戦争を戦った武装組織である。
    出典 :新選組 - Wikipedia
     

    今でいう、警察ということですね。歴史の教科書で誰でも習った戊辰戦争にも、貢献しているんですよ!その他にも有名な『池田屋事件』にもしっかり関わっています。彼らなくして京都の全てを語ることは絶対にできません!

  • では、そんな人々と関わりのあるスポットをご紹介!

  • お二方しか紹介はしていませんが、今回はこのお二方の内でも、新撰組に関わるスポットをご紹介いたします!

  • 壬生寺

     

    新撰組の屯所の近くにあったということで、剣術などの練習の場となっていたとされている場所です。ここで日々練習をし、国を守っていたんですね。そう思うと、なんだかじんわりと胸にこみ上げてくるものがあります。また、新撰組11人の隊士のお墓もありますので、ぜひそちらにお参りに行くのを忘れずに。

  • 八木邸

     

    ここは新撰組の地を訪れる中でも特に重要だといえる、新撰組の隊士たちが屯所として使用していた場所です。ここでは芹沢鴨に対し、斬りつけたときの刀の跡が今でも残っており、ついつい当時の悲惨な情景を思い浮かべてしまいます。

  • 西本願寺太鼓楼

     

    ここ広々としている西本願寺太鼓楼では、昔新撰組の隊士らが武器の試し使いを行っていたとされています。また、八木邸や旧前川邸の次の屯所と言われているので、ぜひ行きたいスポットです。

  • いかがでしたでしょうか?京都は歴史がいろいろなところにちりばめられています。「今、自分が歩いているここでも、もしかしたら何かがあったのかも…」と思いながら歩いてみると、なんだかワクワクしてきませんか?ぜひ京都には、歴史を目的に一度観光で訪れてみてくださいね!

2/2