Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

アジア文化の発信拠点!!横浜カフェ「ヨコハマサイドステージ」とは?

横浜市山下町にある「横浜博物館」の3階に横浜カフェ「ヨコハマサイドステージ」が期間限定でオープンしています。これは「東アジア文化都市2014」の一環で設けられたカフェで、アジアの文化交流をテーマにしたアートカフェです。アジア文化の発信拠点となるべく様々な催しが行なわれています。

view130

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 横浜カフェ「ヨコハマサイドステージ」とは?

  • ヨコハマサイドステージは、「東アジア文化都市2014横浜」の一環で設けられました。
    これは横浜市が日中韓の3カ国で行っている文化交流事業で、横浜カフェ「ヨコハマサイドステージ」では、「食とアートでつながる東アジア」をテーマに主に3カ国の文化やアートを紹介する形で各国のお茶屋スイーツを提供するカフェです。
    場所は「横浜博覧館」の3階で、テラス席には「足湯」や「幸せの銅鑼」などユニークなものもあります。

    横浜市中区山下町145 横浜博覧館3F
    045-640-0181
    営業時間:11:00-21:00(金曜・土曜は22:00まで)

  • ポップカルチャーをテーマにしたカフェ

     

    「ヨコハマサイドステージ」がテーマとしているのはアジアのポップカルチャー。日本におけるアニメやコスプレなどの「カワイイ文化」です。
    まさに「カワイイカフェ」と言えるかもしれません。

  • 二胡演奏をさせてもらいました
    まひる、お友達が二胡をやっていたり、二胡を観たり女子十二楽坊さんで観ることはあったから出来るかも…?!と淡い期待を胸にしてやったらとても難しい楽器だったよ
    出典 :○ヨコハマサイドステージとだいがく。|天使になるためのきろく*
     

    二胡の演奏など、チャンスがあればアジアのカルチャーに触れることもできます。

  • まひるさんとみゆなさんがいました。
    二人ともチャイナドレス。
    ビールを飲んだり。
    客層はディアステと同じ。
    出典 :ヨコハマサイドステージ: ハニロウは電気羊の夢を見るか?
     

    店員さんも東アジアのポップカルチャーにふさわしいコスプレ姿で迎えてくれます。

  • どんな人がカフェを経営しているの?

  • ヨコハマサイドステージのオーガナイザーは「もふくちゃん」こと、福嶋麻衣子さん。アキバ系アイドルをプロデュースする音楽プロデューサーで実業家です。
    タレントとしての活動も行いつつ、ヨコハマサイドステージでは副店長を務めています。
    また、アキバ系アイドルユニット「でんぱ組.inc」 の一員として活躍する夢眠ねむさんもクリエーターとして参加しています。

  • ゆとり世代だの~不景気だの~年金もらえない~だのそんな事ばっかり言われて私たちは生まれた時代が悪かったのではないか?
    と思ってしまう場面は必ずしもあるのではないでしょうか?!
    『不幸だ不幸だと言ってるだけじゃ何も変わらない』
    『身の回りの事で変えていくこともできるわけだから、国に頼らず行動すればいいじゃん』
    出典 :福島麻衣子(喪服ちゃん)さんが起業した理由(ワケ)とは?! | 世界ツッコミ番付
     

    福嶋さんの人気の秘密はその前向きさ。ポジティブな発言に若者だけでなく年配者からも多くの支持が集まっています。

  • 夢眠ねむさん

     

    でんぱ組.incのメンバーである夢眠ねむさんがデザインした「ヨコハマサイドステージ」のロゴです。
    形にとらわれずポップカルチャーを各地に橋渡しするポップアイコンとして様々な活動に参加しています。

1/3