Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

渋谷で開催中!!進化するだまし絵展に行ってみよう!!

渋谷で開催されているだまし絵展に行ってみよう!!
だまし絵って知ってる??いわゆるトリックアートと呼ばれているもののことです。
ただ絵を見るだけじゃない、そこに作者の何らかの意図が隠されている。それを探すのはまるで探偵気分?
東京や名古屋などでも開催されていた「だまし絵展」が今渋谷で開催中!!

view67

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • だまし絵って??

  • 騙し絵(だまし絵)とは、
    フランス語で「トロンプ・ルイユ」、和訳すると目だましという意味で、シュルレアリスムでよく使われた手法です。
    騙し絵(だまし絵)は、見る人におもしろい錯覚を起こさせます。
    出典 :騙し絵(だまし絵)とは?
  • トロンプ・ルイユ(Trompe-l'œil、騙し絵)とはシュルレアリスムにおいてよく用いられた手法・技法である。ただし、シュルレアリスムに限って用いられるものではない。フランス語で「眼を騙す」を意味し、トロンプイユと表記されることもある。今日では解りやすく「トリックアート」と呼ばれる事も多い。
    出典 :トロンプ・ルイユ - Wikipedia
  • トリックアートと聞くとピンとくる人もいるのでは!?
    今、テレビなどでも話題になっていますよね。
    ちょっと気になるアート。ぜひ体験してみたいなぁ・・・

  • だまし絵(トリックアート)の魅力って??

  • それにしても、仕掛けや工夫が施された「だまし絵」は、見ていておもしろいです。
    一枚の平面的な絵なのに、静物や人が飛び出して見えたり、開かれた扉や木枠、壁に貼られた写真の折り目など、まるで掴めてしまいそうなリアル感がありました!
    出典 :だまし絵の魅力|だまし絵の魅力
  • 中でもおもしろいと思ったのが、ドメニコ・ピオラの作品。
    人?風景?一見なにかよくわからない、大きな渦のような絵が描かれているのですが、どうやら、その絵の中心にある円筒の鏡面に映しだすことにより判る、という仕掛け。
    出典 :だまし絵の魅力|だまし絵の魅力
     

    あら不思議・・・円筒の鏡面をよ~く見ると、絵になってる!!
    ちゃんとした見方をすれば、きちんと絵になっているというのだからスゴイ!

  • ドメニコ・ピオラの作品

     

    これだけ見たって何が何だかさっぱり・・・

    でもちょっと待って!
    中心に円筒の鏡を置くとあら不思議!
    ちゃんとした絵が見えるじゃありませんか!

    Bunkamuraで行われている進化するだまし絵展でも、このドメニコ・ピオラの作品を見ることができるんですよ!

1/2