Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

地域活性化を目的とする生地を紹介します!

地域では昔ながらの伝統的な方法で生地を作ったり、染色をしたりしているところがあります。そのような生地は、伝統を守りながら流行とマッチするよう工夫され、製品化して私たちの身近なものに変身していますので、それを紹介します。

view67

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日本独特のやわらかい風合いのちりめん

     

    シボをもった独特の生地には高級感ただようものですが、着物だけでなくシュシュや髪飾りに変身しても使える素材です。

  • 単なるアコガレだが、絹織物が好き。つるっとした手触りと着用感がたまらん。が、丹後ちりめんなどもたいへん美しいの。
     

    草履の鼻緒にも使用されており、サンダルになっているものは美しい色使いが出ていますね。

  • 富士に魅了されるひと時を感じる着物!

     

    丹後ちりめんで作った着物も素敵ですが、この美術館に展示されている富士山をモチーフにした着物は圧巻です。辻が花染めという染色で染められたキャンパスのような着物がずらりと並んで迎えてくれます。
    久保田一竹美術館
    〒401-0304 山梨県南都留郡富士河口湖町河口2255
    TEL:0555-76-8811

  • ミシュランにも紹介されていることからか
    この日も外国人観光客が何組も訪れていました。
    出典 :■久保田一竹美術館■富士河口湖から・・・ 芸術の小径/ウェブリブログ
     

    美術館が河口湖のほとりの長閑な景色の中にマッチしている様子がよく分かります。

  • 高級洋服生地なら静岡の別珍!

  • コール天と別珍

     

    明治17年ごろ遠州地方に紡績工場が作られ、明治29年には小幅力織機が発明されたことにより、磐田市でコール天の製造が始まりました。その後、ブロードやポプリン、別珍などの生地が洋服として製品化となりました。
    天龍社織物工業協同組合
    〒437-1204 静岡県磐田市福田中島226-4
    TEL:0538-55-2121

  • 【別珍】生地の一種。起毛した光沢のある布で、高級感がある。別珍(日本語)、ベロア(仏語)、ベルベット(英語)、ビロード(ポルトガル語)は、言葉としては同じ意味であるが、服飾業界的には違うらしい。
     

    毛足が長く、扱いにくいのが特徴の生地ですが、出来上がりは高級感があって着心地も抜群です。

  • 使いごこち抜群のタオルを探して!