Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

大正浪漫を感じる!代官山にある名所「旧朝倉邸」

view59

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 代官山といえばオシャレなお店や流行のファッションのお店が多いというイメージですが、その代官山の中心ヒルサイドテラスのそばにぽっかりと大正時代の歴史的建造物がそのまま残っているのをご存知ですか?大正時代にタイムスリップしたかのような「旧朝倉邸」に立ち寄って大正浪漫を感じちゃいましょう。

  • 旧朝倉邸の内部がスゴイ!

  • 瀟洒なつくりの「杉の間」

     
     

    1階西側にある杉の間は素晴らしい日本庭園を縁側から望むことができるお部屋です。
    かつての邸宅の主、朝倉虎次郎氏のお気に入りの部屋だったそうです。

  •  
     

    部屋は用途によって使い分けられていたようです。

  •  
     

    派手さはないけれどよく見ると大変瀟洒なつくりをしているお部屋です。さりげないところをゴージャスに・・という日本家屋らしいつくりとなっています。

  • 大正時代のモダンを感じる「応接間」

     
     

    書院造りとなっていて、当時としたらモダンなつくりであったことを思わせる部屋です。
    欄間の模様がすばらしいので、欄間は一見の価値ありです。

  •  
     

    外の景色や襖だけでなく、天井もよく観察してみましょう。

  • いつでも庭を見渡せる「廊下」

     
     

    いつも廊下からは日本庭園が望めるようになっていて、自然の光が入るように作られている廊下です。
    客を招き入れるときも庭を見てから部屋に入ることができるというスタイルです。

  •  
     

    廊下は特に風情があり、タイムスリップしたかのような感覚になります。

  •  
     

    一軒の家の中に表と裏、陰と陽がある、というのは古い日本家屋らしい特徴です。
    現代のマンション暮らしではすっかり忘れてしまった感覚ですね。

  • 2階部分

     
     

    2階部分は朝倉虎次郎氏が公職にあったときに会合などに使われていた部屋があります。
    2階からも庭園を見下ろすことができます。