Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

【群馬】B級スポット 食べもの系スポットで美味しくお勉強★

なぜ、こんな所に?という場所にあるのがB級スポット。今回は、群馬にある食べもの系スポットをふたつご紹介します。ひとつは「こんにゃくパーク」、もうひとつは「日清製粉 製粉ミュージアム」。日清製粉は有名な企業だけど、なぜ博物館が群馬県館林市に? 食べもの系スポットで、美味しくお勉強をしましょう★

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「こんにゃくパーク」

  • 群馬県甘楽郡甘楽町にある「こんにゃくパーク」。名前からしてB級スポット感が漂いますが、こんにゃくの加工・販売をしている「ヨコオデイリーフーズ」というちゃんとした企業が運営しているスポットです。以前は「こんにゃく博物館」という名前でしたが、最近、リニューアルしました。こんにゃくの手作り体験や無料のバイキングコーナー、工場見学までできる、こんにゃくのテーマパークです。こんにゃく好きは、ぜひ一度行きたいスポット★

    住所:群馬県甘楽郡甘楽町小幡204−1
    電話番号:0274-60-4100
    営業時間:9:00~18:00

  •  

    「こんにゃくパーク」は、「ヨコオデイリーフーズ」の社屋の裏手にあります。
    世界遺産に登録された「富岡製糸場」から車で15分という好立地なので、来場者も増えているかも。

  •  

    前日までの予約制で、こんにゃく作りを体験できます。
    コースは全部で3つ。
    ◆「手作りこんにゃくゼリーフルーツ体験コース」
    ◆「こんにゃくカラーマジック体験コース」
    ◆「手作りこんにゃく体験コース」
    「手作りこんにゃく体験コース」では、こんにゃく粉からこんにゃくを作る、本格的な体験ができます。

  •  

    人気の「こんにゃくバイキング」。
    これが本当に無料でいいの?と不安になってしまう程の品揃えです。
    試食のレベルを超えていて、普通にランチができちゃいます。
    「こんにゃくパーク」で有料なのは、こんにゃく作り体験のみ。
    入館料は無料なので、本当に無料でバイキングが食べれちゃうんです!

  •  

    工場見学では、実際の製造ラインを見学することができます。
    映像やパネルを使っての、こんにゃくの歴史や作り方の説明もあるので、楽しくお勉強もできちゃいます。
    「こんにゃくパーク」を満喫したあとは、おなかも頭もいっぱいです!

  • 「日清製粉 製粉ミュージアム」

  • 日清製粉発祥の地である群馬県館林市に、2012年に「日清製粉 製粉ミュージアム」が誕生しました。まだまだ新しいミュージアムです。本館と新館があり、特に本館は旧館林製粉株式会社事務所の建物を使用しているので趣きたっぷり。館林駅からすぐなので、コナモノ好きな方は、一度行ってみてはいかがですか?

    住所:群馬県館林市栄町6-1
    電話番号:0276-71-2000
    営業時間:10:00~16:30

  •  

    こちらが本館。
    洋風建築がお洒落です。
    館内では、日清製粉の歴史を、貴重な資料とともに紹介しています。

  •  

    本館内部の様子。
    製粉に使われていた、このような機械も展示されています。

1/2