Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

半夏生にはタコを食べる?美味しいタコ料理店

冬至には「かぼちゃ」を食べると言う風習があるように、この「半夏生」にも何かを食べるという風習があります。しかし、何を食べるかは地方によって様々です。「関西地方」では「タコ」を食べる風習があります。 7月2日(1日)が『タコの日』と制定されているのでぼんやりと認識をされている方も多いかもしれません

view40

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 半夏生とは・・・
    七十二候の1つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で、かつては夏至から数えて11日目としていたが、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。毎年7月2日頃にあたる。
    この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)と言い、大雨になることが多い。地域によっては「半夏水」(はんげみず)とも言う。

  • なぜ半夏生にタコを食べるの?

     

    関西で「タコ」を食べるという習慣ですが、田植えが終わり、稲が地にしっかりと根付くようにと願掛けをして、しっかり地に付いたら離れない蛸を食べる様になったと言われています。

  •  

    タコには疲労回復効果が期待出来るタウリンや亜鉛が豊富に含まれています。昔の人の知恵として田植えが終わった後の疲労回復や、夏バテを防止する為の策だったのかもしれません

  • タコ料理おすすめ店

  • 活けたこ料理専門店 たこ茶屋

     

    創業昭和58年10月1日より30年
    30周年を迎える知る人ぞ知る名店

  •  

    ふぐとたこのコース(冬季限定)
    先附
    向附
    碗替




    デザート
    季節の三種盛り(日替り)
    たことふぐの薄造り おどり添え
    ふぐのぶつ切りとゆびき
    たこの吸盤ふぐの白子添え
    ふぐとたこの唐揚
    ふぐとたこの鍋
    雑炊
    季節のフルーツ

  •  

    たこ茶屋コース(月替り)
    先附
    前菜
    八寸

    向附

    お凌ぎ


    香物
    デザート
    季節の三種盛り(日替り)
    たこすみ胡麻豆腐 いくら添え
    たこ珍味の盛り合わせ
    たこせんべい
    たこ造り 中トロ たこおどり添え
    平目昆布〆大徳寺納豆巻
    季節のお楽しみ(日替り)
    たこのエスカルゴ風
    たこ茶漬け 野沢菜添え
    三種
    季節のフルーツ

  • 保乃家

     

    鷲羽山のふもとの港町にある「たこ料理」の専門店です。
    国立公園である瀬戸内海の多島美が一望できるロケーションで、瀬戸内の風を感じながらおいしい料理でゆったりとおくつろぎください。

  •  

    新鮮そのもの!「活たこのブツオドリ」や「活たこブツから揚げ」をぜひご賞味ください。
    下津井の真(ま)ダコは、肉厚でプリプリとした食感がやみつきになります。
    秋から冬にかけてのタコは「寒ダコ」とよばれ一年の中でも、もっとも身が引き締まりうまみが凝縮されています。

  • たこ徳

     

    たこは高タンパク低カロリーでとってもヘルシーな食材です。
    血中の脂肪やコレステロールを下げる働きを持つ「タウリン」や「ミネラル」を豊富に含んでいます。

1/2