Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

金太郎さんの舞台になった金時山の魅力☆登山するときには100円玉の用意を忘れずに♪

山ガールとして一度は登ってみたい山。それは金太郎さんの舞台になった金時山です。初心者向けなので比較的整備された道で安全に登ることができますが、山頂付近には難所もあるので達成感があります。さらに、金時山は眺望が良いことでも知られる名山です。

view24

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 本当にいた?!金太郎さんの舞台

  • 日本各地にある「金太郎」伝説

  • 幼い頃に童謡「金太郎」を歌った人も多いことでしょう。
    童謡では金太郎がまさかり担いでいたり、クマと相撲をとったことなどが歌われていましたよね。

    このエピソードからも金太郎が架空の人物だと思われがちですが、実は金太郎にはモデルとなる人がいたと言われています。

    ただし、日本全国に、この金太郎さんの舞台であると名を挙げている地域は3箇所あり、特定されているわけではありませんが、しかし、どの地域にも豊かな自然と山があることが特徴です。

  • 南足柄市の金太郎

     

    南足柄市は金太郎の生まれた屋敷や産湯として使った水の滝が存在します。
    また生誕地跡が紹介されているなど、付近にはあちこちに「金太郎伝説の里」の案内板や金太郎歌碑と金太郎ゆかりの土地であることが解説されています。

  • 中でも金太郎の生誕地跡まで紹介している南足柄市では平安時代に実在した侍の坂田公時の幼名が金太郎であったというのです。

    しかし、現在ではこの坂田公時の存在が危ぶまれてるという説もあり、決定打にかけるようです。
    それでも、この地域は金太郎ゆかりの場所や石碑など多くの金太郎さんの舞台を忍ばせる観光スポットが用意されています。

    金太郎伝説で欠かせないのは、金太郎がクマと相撲をとったという山です。
    最近では登山ブームもあって、多くの山の魅力が再発見されていますが、金太郎伝説のある金時山もその一つです。

    金太郎さんの舞台になった(かもしれない)金時山はその話題性や観光スポットの多さも楽しいポイントですが、金時山自体も日本三百名山の一つに数えられています。

  • 金時山

     

    標高:1,212.5 m
    所在地:神奈川県南足柄市、足柄下郡箱根町、静岡県駿東郡小山町
    種類:成層火山

  • 箱根にある金時山は初心者でも手軽に登れるため、多くの登山者がいる山ですが、登り易さに比べて、眺望が非常に良いことでも知られています。

    ただし、山頂付近は傾斜が急であるため、ロープやクサリ場が存在するので、初心者用とはいえ、なめてかかってはいけません。
    それ以外には難所らしい難所はないため、時間と体力の配分を間違えず、ペースを守って登山すれば比較的安全な山と言えます。


    登山する際には多めに100円玉を用意して登ることをおすすめします。
    山頂の公衆トイレを利用するときに100円玉が必要になりますよ☆