Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

そうだ山へ行こう!いざ鋸山へ・・・の前にグルメなもので腹ごしらえするべし!

絶叫&絶景ポイントのある南房総にある鋸山は、グルメなものもいっぱい!鋸山にハイキングへ行く前に、まず腹ごしらえして、パワースポットともなっている絶叫ポイントでパワーをもらい、出発点に戻ったらまた腹ごしらえして、五感全部が満足いく鋸山を体験してください。

  • sarry更新日:2014/05/25

view1912

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 仏像好きにはたまらない!?鋸山(千葉) - いつか行きたい世界の絶景 http://t.co/ITqvqHewZ8 #絶景
     

    仏像好きでなくても鋸山へ行ってみて!

  • 鋸山ってどんな山だったっけ?

  • 鋸山は西暦725年、聖武天皇の勅詔によって、行基菩薩(ぎょうきぼさつ)が開山しました。
    出典 :絶景!!南房総「鋸山(のこぎりやま)」ハイキング!! | 千葉県 | [たびねす] by Travel.jp
     

    へぇ~!そうだったのか!なかなか山に興味が無かったりすると、知ることもないですよね。

  • 標高は329.4m。古くは房州石と呼ばれ、良質石材の産地として、江戸時代から盛んに採石が行われた(石切場跡は現在も残存する)。
    出典 :鋸山とは?(鋸山日本寺): 鋸山(のこぎりやま)へ行こう!私のおすすめハイキングコースをこっそり紹介。
     

    凝灰岩からできているため、建築資材として使われていたようですね。採石を行っていたため山肌が鋸の歯のように見えることから、鋸山といわれるようになったということです。

  • 横須賀軍港や横浜の港湾設備、東京湾要塞の資材として利用された。また、靖国神社や早稲田大学の構内にも利用されている。
    出典 :鋸山とは?(鋸山日本寺): 鋸山(のこぎりやま)へ行こう!私のおすすめハイキングコースをこっそり紹介。
     

    昭和50年代には鋸山では採石はされなくなったけれども、現在は観光資源として利用されているようです。

  • 鋸山

     

    鋸山へは、いろいろなルートで行けるようなので、事前にどうやっていくか調べていくのがいいかもしれません。ロープウェーで山頂の方まで行けるので、そこからハイキングするのもいいようです。家族連れやカップルで訪れてみてください。

    金谷観光案内所
    千葉県富津市金谷
    0439-69-2840(水曜定休)
    ●電車の場合
    JR内房線金谷駅下車、国道127号線を館山方向へ徒歩約8分
    東京駅~浜金谷駅 京葉線内房ビューさざなみ号 約90分
    千葉駅~浜金谷駅 内房線各駅停車 約90分
    ●車の場合
    富津館山道路 富津金谷IC~国道127号線を館山方向へ約5分
    (東京方面から鋸山をめざす場合、東京湾アクアラインが便利)
    ●カーフェリーの場合
    久里浜港~金谷港11.5KMを東京湾フェリーで約35分の船旅
    金谷港から国道127号を館山方向へ徒歩約12分

  • フェリーで鋸山へハイキング

     

    鋸山へハイキングに訪れるには、いろいろな方法があるようですが、フェリーで港や海、周りの景色を楽しみながら訪れるのも楽しそうです。

    横須賀市久里浜8-17-20
    046-835-8855
    有料駐車場/150台
    ※4月26日~5月2日の間、駐車台数を縮小させていただきます。5月3日~5日は利用できません。
    料金/1日1回:1000円

  • ロープウェーを利用するなどコースは自由です。ご自分のスタイルで新緑の鋸山をお楽しみください。
    出典 :東京湾フェリー
     

    東京湾フェリーでは、新緑の5月に鋸山を歩こう会というものが開催されるようです。基本のコースがあるようですが、自由に自分のペースで楽しむことができるようなので、参加してみるのもいいかもしれません。26年度はもう終わってしまいましたが、天気がいいと富士山の姿が眺められるかもしれないので、フェリーで行かれるのもいいですよ。

  • 近年パワースポットとして有名で、休日になると観光客でにぎわいます。山頂駐車場に車を停めて見学していく順番の方が一般的。
    出典 :絶景!!南房総「鋸山(のこぎりやま)」ハイキング!! | 千葉県 | [たびねす] by Travel.jp
     

    南房総にある鋸山へは、地獄のぞきを体験するためにハイキングに訪れる人もいるようです。石段を登って行くのだけれど、結構しんどい行程だということなので、登山をするぞという本格的な恰好ではなくてもいいかもしれないけれど、動きやすい服装にきちんとした靴を履いていく方がいいですね。それから、汗をかくので着替えを持って行かれることをおすすめします。

1/3