Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

美味しいものも町並みも「南京町の観光」ををしてみよう

南京町の観光を楽しんでみませんか?グルメだけじゃないのですよ。

view33

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 他にも、「フカヒレの刺身」や「ピーフォンタン」など、本場中国の味を再現した料理数々。旬の食材を使用した季節限定メニューもあります。エビのマヨネーズソースやミンチのレタス包みも人気があります。家族や、友人と何皿か注文し、みんなで取り分けながらいろんなメニュー楽しむのがお勧めです。
    出典 :神戸の中華街「南京町」。厳選お勧め老舗中華3店!人気の神戸スイーツも! | 兵庫県 | [たびねす] by Travel.jp
  • 南京町の歴史

  • 南京町の誕生は、明治元年(1867年)の神戸港開港からといわれています。 当時の清国は日本と条約非締結国であったため、外国人居留地に住むことが出来ず、その西側に隣接する現在の「南京町」のあたりに居を構え、雑貨商、豚肉商、飲食店などを始めた
    出典 :南京町の歴史|南京町大全|熱烈歓迎!南京町
  • 中国人が多く住む町として「南京町(なんきんまち・なんきんちょう)」「南京街(なんきんがい)」と呼ばれるようになったのです。昭和初期には「南京町に行けば何でもある」と評判になり、「関西の台所」として大いなる繁栄をみせました。
    出典 :南京町の歴史|南京町大全|熱烈歓迎!南京町
  • これまでには・・・

     

    昭和50年代になり、南京町一帯が神戸市の区画整理事業の対象となったことから、商店主たちが「南京町を復活させよう」と南京町商店街振興組合を設立。かつての繁栄を取り戻すために中華街としての町づくりをスタートさせたそうなのです。

  • 戦後は

     

    バラックが立ち並ぶ闇市となったので、このように色々と復興をかさねて、今の南京町になったという事でした。歴史ある町に美味しいご飯など、色々あるので行ってみては?

2/2