Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

私市植物園で次々と雰囲気が変わる森を歩いてみよう

大阪市立大学理学部付属部植物園は、地域の人に私市植物園と呼ばれて親しまれています。変わった樹木や花もあって、きっと二人で楽しめますよ。

view87

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 11種類の森の型を復元した大型植物園

  • さすが研究用の植物園だけあって、日本の代表的な11種類の森を再現したり、珍しい樹木や草木を見ることができます。だけど、のんびりしたところでみんなお弁当を持って遊びに来ているんですよ。

  • カエデ山

     

    ここでは紅葉もたっぷり楽しめます。

  • 良いお天気が続いて、木々の紅葉も最高です。
    出典 :植物園の大きな樹 - そよ風つうしん
     

    とっても大きなもみじの木があります。

  • 低山ハイキングを楽しみながら、どんどん雰囲気が変わっていくのが楽しい。

  • 針葉樹林

     

    意外とこういう並木道ってないものです。

  • 野山を最大限に生かした設計となっており、低山ハイキングをしつつ有名・無名な樹木、草花と邂逅できる場所となっています。
    出典 :私市植物園~甲子園球場の約6倍!家族でもデートでもオススメ!~ - 交野タイムズ
     

    どんぐりポイントや松ぼっくりポイントもいっぱい。童心に戻って二人で拾うのも楽しいかも。

  • RT @museumnews_jp: 自然学習の舞台 大阪市立大付属植物園が人気 - 大阪日日新聞 http://t.co/r7GDvJK4y9 さまざまな植物を植栽し市民に公開している大阪市立大学理学部付属植物園(大阪府交野市私市)が、夏休みを前に人気を集めている。...
     

    夏は涼しくていいでしょうね。

  • という訳で今日は交野線・私市に行ってました。でその「大阪市立大学理学部付属植物園」、意外と広くて2時間掛けて全域廻れて無いです。一日ここだけ行くんじゃー、の積りで行かんとなぁ:)
     

    一日かけてゆっくり回るといいですね。手作り弁当必須。

  • 植物観察会や夜桜のライトアップもあります。しかも空いている。

1/2