Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

台湾の功夫茶は奥深い

view73

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 台湾へ行くと、日本茶とは風味が違うお茶が楽しめます。
    蘭の花のように優雅な香りのお茶や、ストレートなのにミルクの風味のするお茶など、日本の緑茶とはまた違った広さを持った台湾茶。
    台湾の茶道「功夫茶(工夫茶)」の世界を少し見てみませんか。

  • 台湾の功夫茶(工夫茶)とは?

  •  
     

    功夫(工夫)とは、丁寧に時間をかけるという意味です。

  • 色々な茶器を使います

     
     

    でも一番は美味しく飲めること!

  • 台湾茶の茶葉には3種類あります

  •  
     

    発酵するほど緑色が抜けていきます。
    軽発酵、中発酵、重発酵と区別します。

  • 軽発酵茶

     
     

    金萱茶、高山茶などになります♡

  • 中発酵茶

     
     

    凍頂烏龍茶や鉄観音茶などです♡

  • 重発酵茶

     
     

    東方美人(紅茶)など♡

  • 功夫茶(工夫茶)の茶器

  •  
     

    茶器以外の茶さじ・茶巾は省略します。

1/4