Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

法隆寺の七不思議公開!大地震が起きても壊れない理由とは?

法隆寺に七不思議があるのをご存知ですか?今回は7つとも公開しちゃいます!怪談が好きな人なら面白いですよ。また、法隆寺には、大地震が起きても壊れない理由があるんだそうです。これも七不思議を知れば分かりますので、読んでみてくださいね。

view293

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 法隆寺の五重塔の相輪の下には鎌が4丁刺さっているとか、開けてはならない伏蔵があるとか
    出典 :海外記事 - 法隆寺の五重塔が地震で倒壊しない理由 -: とりいそぎ。
     

    日本みたいな地震大国では、古代の建物なんて簡単に崩れてしまいそうですよね。
    でも、今まで震度6~7クラスの大規模地震を見事耐え抜き、全く崩れていない法隆寺には、こんな七不思議があったんですね。
    海外でも噂になっているそうですよ。地震が起きても壊れない法隆寺には、
    こんな七不思議があるんじゃないかって。

  • 法隆寺の相輪

     

    こちらが法隆寺の相輪です。
    一般的な相輪は、仏舎利というお釈迦様の骨が納管される宝珠と、高貴な人の乗り物を表す竜車、
    火事を避けるために火災がデザインされた水煙に、五智如来と四菩薩を表現した九輪、
    飾り台の受花と、盛り土の墓である伏鉢、さらにその伏鉢の土台となる露盤からできています。

    この相輪の下に刺さってる4丁の鎌が噂のもとなんですよね?
    うーん、どーなんでしょう・・・
    4丁も刺さってたら、耐震になるんでしょうか・・・
    不思議な噂が広まったもんですね。

  •  

    法隆寺の五重塔は世界最古の五重塔と言われていますから、いわくつきと言われるのも、それだけ注目されている塔という証です。致し方ないのかもしれません。

    しかし、この4丁の鎌にはまだほかにも噂があります。どうやら本来の用途は今でいう避雷針の代わりだったようですが、聖徳太子の念がこもっているだとか、鎌が下を向いているように見えたら、その年は凶作だとか・・・

    五重塔にまつわる噂は絶えません。

  • 法隆寺南大門の石

     

    法隆寺境内に入って、誰もが必ず通る南大門。
    ここに、このような大きな踏み石があります。
    これ、何のために敷かれている石か分かりますか?
    実はこれも七不思議の一つと言われているんですが、
    これは鯛の形をしていて、大雨が降った時に、鯛がここまで泳いできたと言われています。
    でもこれ以上進まなかったんですね。これは、大雨でもこれ以上水位が上がらなかったということを意味していて、法隆寺の地盤の良さを表しているんじゃないかと噂になっています。

    もしかして、先ほどの大地震が来ても壊れないって七不思議に関係している?!

    うわぁ~ 聖徳太子って、日本はこの先も大地震が連発するってこと予測してたんですかね~
    すごい予知能力ですね~

  • 地面に雨だれが落ちた穴が開かない?

    法隆寺の中は、ほとんどが土の土地ですが、それなのに雨が降っても雨だれの痕ができないという不思議な現象です。
    出典 :法隆寺の七不思議1
     

    怪奇現象ですね~
    それだけ硬いってことですかね?
    やはり、これも地震に強いってことと関係してます。

    法隆寺のある場所って、大地震がきたら避難すればいいんじゃないですかね?

  • 片目のカエル

     

    法隆寺の中には、因可池(よるかのいけ)という池があります。
    その昔、聖徳太子が勉強中、うるさく鳴くカエルがいたそうで、あまりに騒々しく鳴かれて気が散ってしまったので、カエルに向かって物を投げてしまったそうです。
    それが運悪くカエルの目に当たって片目になってしまったそうで、それ以後、この池に住みつくカエルは片目になってしまったという伝説があります。
    今は、両目のあるカエルばかり置いてあるそうですが、もしかしたら片目のカエル、いるかもしれませんよ。
    勇気のある方は探してみてください。

  • 汗をかく座椅子?

     

    法隆寺には汗をかく座椅子があるんだとか。
    こんな生きてる椅子と思わせるような七不思議もあります。

    なんでも、この座椅子、東院伽藍の夢殿にある椅子で、お坊さんが座るためのものなんだそうです。
    年に2回ほどお目見えする本尊ですが、そこの前にある礼盤と呼ばれるこの椅子から水滴が落ちてきたそうで。それの様子がまるで汗をかいているようだったので、こんな七不思議が生まれたそうです。

    実は、この建物はかなり湿気がたまる場所なんだそう。
    それで、換気も兼ねて年に2回ほど開放日を設けているようで、椅子の周辺の湿度が高くなったために起こった現象だったんです。
    でも、人によっては湿気が汗に見えるんですから、怪奇現象って案外そんなものなのかもしれませんね。

  • 法隆寺の建物にはクモの巣がない、鳥もフンをかけない?
    クモは所かまわず巣を作るのが習性ですが、法隆寺の建物に限ってはクモの巣ができることはないという言い伝えです。
    出典 :法隆寺の七不思議1
     

    鳥の糞もないと噂です。
    これは、聖徳太子の強すぎる怨念が、クモも鳥も寄せ付けないのでは?なんて言われています。