Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

TVやネット口コミで絶賛の話題のおにぎり専門店「ぼんご」

まるでカウンターでお寿司をオーダーするようにオーダーする都電荒川線大塚駅前おにぎり専門店「ぼんご」が話題になっています。カウンター越しに「いつものアレ!」とオーダーする常連さんを横目に、グルメなあなたもレトロで懐かしいお店でとっておきの絶品にぎりたておむすびをいただきましょう!

view246

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 都電荒川線・大塚駅前のおにぎり専門店「ぼんご」

  • レトロな都電に揺られて行こう!

     

    「おにぎり専門店ぼんご」は都電荒川線大塚駅前にあります。もちろん、都電荒川線上には「荒川遊園」などのレトロで童心に買えるような見所もいっぱい! 一日券など購入して都電の旅に出かけるのもいいね。

  • なんで店名が「ぼんご」?

  • 戦後、米軍基地でボンゴ(キューバ発祥の太鼓)を叩いていた先代が、大塚でおにぎり店を始めたのは1960年のこと。
    出典 :B食倶楽部/ピックアップB食店/ぼんご
     

    歴史あるお店なんですね。楽器のボンゴ奏者だったとは意外!

  • おにぎり専門店「ぼんご」

     

    ぼんごのおにぎりは、ごはんの粒を潰さずに、そして粒と粒の隙間が均等になるように握られています。コンビニおにぎりの1.5倍ほどの大きさの握りたてを、てっぺんからかぶりつく幸せ!ご飯と具が口の中で溶け合うように一緒になるのがわかる、握りのよさを感じる瞬間をどうぞ。

  • 都電荒川線・大塚駅前のおにぎり専門店「ぼんご」

     

    だわった米は新潟県岩船産のコシヒカリ。つやと粘り気に優れ、ちょっと硬く炊き上がる岩船コシヒカリは、魚沼、佐渡に続く新潟三大米のひとつだ。店で精米して炊き上げられた白飯は垂涎ものです。
    ■住所:東京都豊島区北大塚2-26-3 金田ビル 1F
    ■TEL:03-3910-5617
    ■交通手段:JR大塚駅北口より徒歩3分、大塚駅から164m
    ■営業時間:11:30~24:00
    ■定休日 :日曜
    ■席数:12席 (カウンター12席)
    ■完全禁煙
    公式HPなし。

  • 美味しいおにぎりが食べたくて「大塚ぼんご」に1ヶ月ほぼ毎日通いました。
    出典 :美味しいおにぎりが食べたくて「大塚ぼんご」に1ヶ月ほぼ毎日通いました。 | ゆるり散歩
     

    「大塚ぼんご」に1ヶ月間ほぼ毎日通った女が考える「大塚ぼんご」へ行ったら是非食べて欲しい「おにぎり」は、「鮭」と「鮭マヨ」「明太クリームチーズ」と「明太マヨ」メニューにないけど、多分作ってもらえる「おかか&梅」だそうです。

  • 「ぼんご」の湯のみ

     

    大きめでお寿司屋さんみたいなぼんごの湯のみ茶碗。なんか、好きだな、このおおらかさ。こういう湯のみでのむお茶って、なんだか美味しいんだよねぇ。。。

  • 「いつもありがとうございます~」「今日は何にします。」と店のおばちゃんに言われる人。
    出典 :美味しいおにぎりが食べたくて「大塚ぼんご」に1ヶ月ほぼ毎日通いました。 | ゆるり散歩
     

    ここまで来ると、「ぼんご通」と思って良いそうです。かなり通わないといけませんよ。食べ終わった皿をおばちゃんが取りやすい場所に持って行く心遣いもね。「何時もので良いですか?」と店の人に言われたら、達人よ。

  • カウンター奥のメニューを見てオーダー

     

    まるでお寿司屋さんで握りを頼むようにオーダーするぼんごのおにぎり。手むすびのできたてをいただけます。おにぎりは230円から。おかか、明太子、柴漬け、うめくらげ、きゃらぶきなどなどベーシック系含め、おにぎりの具は45種類以上!「まぐろ角煮」「豚キムチ」「ベーコン」「うなぎ」をはじめとするボリュウム系、「数の子」「塩辛」「うにくらげ」などの酒の肴系、「鮭バター」「じゃこマヨネーズ」「鳥唐揚マヨ」「明太マヨネーズ」といったマヨネーズ系なども。

1/3