Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

食べるのもったいない!アニマルで話題のスイーツたち

view201

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「食べるのもったいない!」と話題のアニマルで話題のスイーツたちを紹介します。期間限定商品のスイーツから、お土産にインパクト大でオススメのリアルなおまんじゅう、老舗の名品などちょっと知っているとうれしいスイーツ情報です。

  •  
     

    このカブトガニは夫婦仲が非常によく年中一緒にいるんだそうで地元では夫婦円満の縁起物でもあるんだそう。

  • 玉利軒

     
     

    玉利軒は笠岡駅から3分、50年以上前からカブトガニまんじゅうを販売。全国菓子観光大博覧会において名誉金賞受賞の経歴もあります。『親子かぶとがに』という名称は、商標登録済み!実は、洋菓子も販売しており、最近ではご他聞にもれず洋菓子の方が人気で、特にチーズケーキは県外からも買いに来る人が多い人気商品なんだとか。
    笠岡市中央町19-4
    電話・FAX(0865)62-3584

  •  
     

    「15センチくらいの箱だったので、まぁ一口サイズの饅頭が10個くらい入ってるのかと予想してたのだがなんと入っていたのはメロンパンを更に大きくしたカブトガニが一匹。あきらかに饅頭の大きさを超えている」というコメントが。やっぱり、すごいインパクトよね。

  • カブトガニまんじゅうの中身は?

     
     

    切ると出てくる中の餡は、緑色をしている。抹茶を混ぜてこの色を出しているそう。本物のカブトガニの特徴と関係していて、カブトガニの色はもともとは透明なのですが、空気に触れると青色に変わるらしく、それに近づけて抹茶餡にしているとのこと。

  •  
     

    大(顔ぐらいの大きさ)だとかなり細部まで再現されていてしばらく見入ってしまうくらいな完成度です。今では、瀬戸内海を中心とした生息地も開発などで少なくなってしまい、絶滅危惧種に指定されている生きた化石のカブトガニ。笠岡方面へ行かれる機会があれば、是非味わってみて下さい(もちろんまんじゅうで)。

  • カブトガニまんじゅう、ホンモノどっち?

     
     

    おまんじゅうの作りが良すぎて、ホンモノと見まごうばかり。ツヤといい、色といい。。左がホンモノです、ねんのため。笠岡市内にはカブトガニをモチーフにしたご当地キャラ「カブニ」を冠した「かさおかカブニサブレ」、カブトガニせんべい、モナカなどいろんなカブトガニスイーツが揃います。お土産にゼヒ。

  •  
     

    カブトガニまんじゅうの名店(?)をもう一軒。大きさは特大・中・小と3種類。職人7人が中身の「あん」の製あんから行っている清月堂さんです。■笠岡市中央町18-11 TEL・FAX(0865)63-1177

  • こちらは王道、柏水堂のプードルケーキ

  •  
     

    ショーケースにひと際愛らしく並べられたプードルケーキのプリティ度はまさに横綱級。中のカシスクリームのほのかな甘酸っぱさが、切ない初恋の想い出をよりかき立て、涙ながらに食べたこともある逸品でとか。