Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

子どもから大人まで楽しめる!赤城ふれあいの森ローラー滑り台

  • cocoa更新日:2014/11/12

view643

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 群馬県前橋市にある「赤城ふれあいの森」はとても長いローラー滑り台が人気の森林公園。大人も子供も楽しめる滑り台なので家族で出かけても楽しそうです。
    それに森林の中を爽快に滑っていくので、ストレス解消や気分のリフレッシュにもオススメ。思いっきり体を動かしたいファミリーにはぜひ訪れてみてほしい場所です。

  •  
     

    木材を強くまっすぐ成長させるために必要な工程が間伐ですが、ローラー滑り台は木材のリサイクルで作られているともいえるのでは。
    間伐材を無駄にしないことを肌で感じれば、エコの心も育ちそうですね。
    ちなみに、以前は廃棄されることが多かった間伐材が割り箸や再生紙、家具などに使われるようになりました。

  • 滑り台利用のポイント

  •  
     

    春から冬の初めまでしか利用できない、期間限定のローラー滑り台。連休や夏休みには家族連れでこみあいそうです。
    これだけ長い距離を滑るので、天候によってはすべることができなくなるのもうなずけます。

  •  
     

    木材でできているので、小さな棘が気になる方もいるのでは。それに、コースが長いのでお尻が次第に痛くなるのでマットは必須ですね。
    段ボールは意外と固く、傷をつけやすいのでつい使ってしまわないよう気を付けましょう。公園でマットをレンタルする方が安心かも。

  • ちなみに滑り台を楽しんだあと、もう一度やりたいと思うときには約250メートルの上り坂をのぼっていく必要があります。
    それだけでもかなり体力を使ってしまいそうなので、赤城ふれあいの森ローラー滑り台に何回もチャレンジしたい時は体調に気をつけて挑みましょう。

  • 実際に滑ってみると?

  • 赤城山 長いローラーすべり台380.25m

     

    スタートから終わりまで、じっくりすべる様子が記録された動画。
    まるで一度すべったかのように周りの様子もよくわかります。でも実際では爽快感が違うはず。

  • 赤城ふれあいの森 第1位獲得のローラーすべり台 本気編

     

    スタート地点へ上るところからすべり終わりまでがしっかりわかります。
    動画撮影された方の興奮具合から、割とスピードも楽しめる滑り台ですね。

2/2