Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

ハイキング初心者の山ガールにも上級者にも人気の空沼岳

空沼岳(そらぬまだけ)は北海道札幌市の郊外にある標高1251mの山。
季節や登山の経験を問わず、いつも多くのハイキング客で賑わっています。
この山は、なぜいつもこんなに多くの人を魅了するのでしょうか?

view239

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 空沼岳とは?

  • 空沼岳(そらぬまだけ)は、北海道札幌市にある標高約1,251mの山。
    山頂付近は支笏洞爺国立公園の第1種特別地域に指定されています。

  • 札幌市街からとても近い!

     

    空沼岳はココ!

    市街地から車で40分ほどで登山口に到着します。
    都市からのアクセスのよさが人気の秘密。
    札幌観光のついでに訪れる人も多いとのこと。
    登山口から頂上まで約3時間30分。日帰りハイキングには最適です。

  • 変化のある景色が人気!

  • 登山道コースには2つの神秘的な沼があり、変化に富んだ景色をハイキングで楽しむことが出来ます。
    前半は、万計沢川を流れる水の音や鳥のさえずりの声を楽しみながら、コースは緩やかです。

    1時間半ほどで滝が見えてきて、その奥にドラマチックに現れるのが万計沼。

    沼のほとりにはふたつの山小屋があり、そこで休憩することもでき、宿泊も可能。
    さらに30分ほど進むと、もうひとつの神秘的な沼である真簾沼が見えてきます。

  • 周辺に6つの沼があります

     

    万計沼。登山道はエゾシマリスや数多くの野鳥にも遭遇できます。
    ここで一休み。

    万計沼のほとりには、山小屋「万計山荘」が設けられています。
    避難小屋としても利用できるほか、登山の休憩所としてはちょうど良い距離にある山小屋。

  • 紅葉の時期は絵画のよう

     

    万計沼からさらに登るともう一つの神秘的な沼、真簾沼(まみすぬま)に遭遇。

  • 山頂からの眺めは絶景

     

    山頂から支笏湖、恵庭岳、風不死(ふっぷし)岳の雄大な景色が広がります。
    晴れていれば羊蹄山まで望むことが出来ます。
    振り返ると、扇のように広がる、札幌の街並みも見渡すことができます。

  • 登山道の変化を動画でどうぞ。

  • 登山の経験を問いません

1/2