Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

G.W.のキャンプ☆実は一番うっかりしがち?必要な寒さ対策って?

今年は大型連休になる人も多いゴールデンウイーク!そのため、キャンプを予定している人も多いのではないでしょうか?そんな人に是非、知っておいて欲しいのはこのシーズンのキャンプは実はとても冷えるということ。今回は必要はこの5月のキャンプに欠かせない寒さ対策を紹介します!

view48

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 5月のキャンプは寒い?寒くない?

  • 日中はかなり暑くなることもあるゴールデンウイーク時期。そのため、キャンプもかなり快適にできるハズ♪と軽く考える人も少なくないようです。
    しかし、実は5月のキャンプは5月のキャンプ地は想像以上に寒いことが多いようです。日中はそれなりに暖かくとも夕暮れどきには秋、朝晩は冬の寒さと心得たほうが良いでしょう。

  • キャンプの寒さ対策

  • キャンプでは歩いたり、テントを張ったりと、比較的体を動かすことも多いため、「それほど寒くない」と考える人もいますが、実はキャンプは温かい時間帯はそれなりに動きますが、太陽が沈んで寒くなるとそれほど動き回ることもないので、朝晩にかなり寒さを感じます。
    とくに5月は「もう暖かくなったし」と寒さ対策が甘くなりがちなので、現地で「しまった〜!」と頭をか抱える人も結構多いのです。
    とくに筋肉量の少ない女性は体が冷えやすいので、その辛さで睡眠の質も低下しがち。せっかくのキャンプが楽しめなくなります。

    そのようなことにならないために、しっかりと寒さ対策の準備をしましょう。

  • 基本は重ね着!

     

    キャンプに限らず、アウトドアのレジャーの基本は重ね着です。それはキャンプでも同じ。草木や虫などのいるので、アウターは長袖、防水が基本です。
    5月では、一枚脱いだら「タンクトップや半袖」というのもまだまだ寒い恐れがあるので、せめて上下とも3枚は着込むようにしましょう。

  • オプションでカイロも

     

    朝晩の時間帯で寒さをしのぐアイテムとしてカイロも欠かせません。
    数枚のカイロがあるだけで、快適度はまったく変わってきます。とくに腹部や足元を温めるためにカイロは多めに持っていきましょう。

  • インナーの着替えは多めに

     

    キャンプではテントがあるので、比較的着替えやすい環境です。そのため、汗をかいたらこまめにインナーを着替えることをおすすめします。とくに朝晩のインナーは綿やウールがおすすめです。ただし、日中の汗をかく時間帯は速乾性の高い化学繊維のインナーの方が良いでしょう。
    いずれにしても、運動量や発汗量でインナーの種類を変えること、汗をかいたらインナーを着替えることで、その後の冷えを防ぐことができます。

  • ブランケットや毛布は必須

     

    G.W.シーズンのキャンプは場所によって真冬と同じくらいの防寒が必要な場合もあります。とくに荷物になりがちなブランケットや毛布はできれば少なくしたいものですが、少し無理をしてでも多めに用意することをおすすめします。
    この時期は朝晩にとくに冷え込むことがあったり、雨天になった場合には日中でも気温が上がらないこともあるからです。