Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

奥深い和菓子の世界!アナタも和菓子好きになる!

和菓子より洋菓子派という人は多いですが、和菓子の良さは一度知るともう抜け出せません!!日本の伝統文化の一つである和菓子を嗜んじゃいましょう♪

view112

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。(中略)読めば思わず和菓子屋さんに走りたくなる、美味しいお仕事ミステリー。
    出典 :Amazon.co.jp: 和菓子のアン (光文社文庫): 坂木 司: 本
     

    この本が、多くの人を和菓子の世界に引き込みました。

  • 和菓子たべたい気分
     

    熱い日本茶が合います。

  • 和菓子も洋菓子もそんなに好きじゃない自分だったけど、この作品を読んでもっとじっくり和菓子屋さんの商品を眺めたくなった。小説を読んで楽しめるのは勿論、和菓子に関する知識も得ることができるのでとても良い作品。そして何度も泣いてしまった!
    出典 :和菓子のアン 感想 坂木 司 - 読書メーター
     

    和菓子屋さんって、あまりじっくり見ない人が多いと思うんですけど、全くそんなことなくなります。

  • 上生菓子は

     

    季節によって変わります。季語や、季節の花がモチーフになっているものが多いんです。

  • 赤福餅は、お餅の上にこし餡(あん)をのせた餅菓子です。
    出典 :赤福餅 | 伊勢名物 赤福
     

    よく知られる赤福餅も、和菓子の一つですね。

  • 季節感のある、細かな細工は芸術的。食べるのがもったいないほど美しく作られているそれを、楊枝でそっと切って口に入れると、ほろほろと崩れていく。
    出典 :いきなり暑いじゃないか - hylaの日記
     

    思わず丁寧に食べてしまう美しい上生菓子は、見ているだけでも心癒されます。

  • 上生菓子の名前

     

    見てみてください。ちゃんと、深い意味があったりします。お店の人に聞いてみてください。

  • 洋菓子より和菓子派
     

    でも、あまり詳しくない店員さんもいるのは事実・・

  • この時期はいえばやはり「落とし文」。巻いた葉の中にあんこが入ってるものだけど、オトシブミの揺籃をみて、それを「落とし文」と名付け、実に優美なお菓子に仕立てるその感性はたまらんものがある。
    出典 :いきなり暑いじゃないか - hylaの日記
     

    上生菓子の奥深さは、俳句や短歌と似た感性があります。

  • 古き良きモノに

     

    共通する美しさとでも言いましょうか。

1/2