Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

20140417
 

GWがちょうど見頃!札幌のお花見スポット

view145

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 本州のお花見は終わってしまったけれど、北海道のお花見シーズンはちょうどゴールデンウィーク頃。
    5月に北海道を訪れれば2回お花見ができるのです。
    行楽シーズンにお花見できる札幌のお花見スポットをご紹介!

  • 北海道神宮

  • エゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラなど1400本の桜が咲き誇る札幌でも有数の花見スポット。
    また境内で採取した桜で作った桜湯茶(一個500円)もおすすめ。桜の塩漬けだけではなく、日高昆布と十勝の黒豆が入っています。
    湯のみに入れてお湯そそそぐと桜の花が開き、黒豆の香ばしさと桜の香りが漂うお祝いの贈り物としても人気の商品。

    北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
    011-611-0261

  • 梅と桜が同時に楽しめる!

     
     

    北海道では梅の開花と桜の開花の時期が同じ。
    北海道神宮では280本の梅も植樹されており、桜と同時に見頃を迎えるため、全国でも珍しい梅と桜の同時花見ができるスポット。

  •  
  • 円山公園

  • 花見に欠かせないアイテムはジンギスカン!というのが北海道スタイル。
    花見時期の円山公園は、火気使用が可能で管理事務所ではBBQコンロのレンタルも行っています。
    また、ジンギスカンの老舗・松尾ジンギスカンではコンロと肉のデリバリーサービスも行っています。
    円山公園で桜を見ながらジンギスカンを食べなければ、北海道に春はやってこない!!! 
    もくもくと煙を出しながら花見というのが北海道スタイル。

    札幌市中央区宮ヶ丘
    円山公園管理事務所 (011)621-0453

  • 春は花見とジンギスカン!

     
     

    これが北海道スタイル。
    煙がもくもくで桜が見えない?
    道産子はそんなこと、気にしません。(笑)

  •  
  • 北海道庁旧本庁舎「赤れんが」

  • 札幌市内街中にあるお花見スポット。
    明治21年(1888)に建築されたアメリカ風ネオバロック様式の建物である「赤レンガ庁舎」。
    お花見シーズンには敷地内前庭にはカスミサクラ・ヤエザクラ・チシマザクラなどが咲きます。
    レトロな建物と桜の風景は、異国情緒漂う憩いのスポット。
    写真撮影にもおすすめ。



    札幌市中央区北3条西6丁目
    011-204-5019

1/2