Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

ホタル観賞の効果的な時間を見つけて一泊旅行

ホタル観賞には効果的な時間があります。それに合わせてついでにホテルで一泊して癒しの旅にしよう。

  • pooko更新日:2014/05/23

view40

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ホタル鑑賞にあたり知っておきたいこと

  • ホタルはたくさんいるからと暗い時であれば必ず舞っているのかというと、決してそうではありません。
    出典 :温泉とホタルの里 下部観光協会/下部のホタル情報『ホタルが舞う条件と鑑賞マナー』
     

    「ホタルが舞う条件」があり、月明かりのない曇り・蒸し暑い・風がない ・夜の時間帯の中でも8時~9時頃。何だかお化けがでそうな条件にも似てそう。ホタル観賞には効果的な時間と条件なんですね。

  • ホタルはなぜ光りながら舞うのでしょうか?

     

    それは、結婚相手を探すため。

    なので、自分の光があまり目立たないような環境ではホタルには出会えないということです。明るい夜や飛びにくい寒い日や強風の日。

  • RT @shionoe: ホタル観賞マナー④ゴミは必ず持ち帰りましょう! 自然環境のシンボルともいえるホタルは、きれいな水でしか育ちません。空き缶・空きビン・タバコの吸殻などは、必ず捨てずに持ち帰りましょう。
     

    ホタル観賞に期待するのも、それを妨げているのも私達人間です。ホタルを鑑賞する時のマナーも心得ましょう。

  • ホタルを鑑賞する時のマナー

     

    懐中電灯・携帯などで照らさない。写真を撮る時にはフラッシュ機能は使わない。捕まえて連れて帰らないでください。川や田んぼにタバコなどを捨てない。

  • ホタルの一生は儚い

  • 6月中旬頃、水辺の草や苔に400~500個を産卵

     

    約1ヶ月後に孵化した幼虫すぐに自力で水にもぐり、10ヶ月間の水中生活を送り冬を越すんです。面白いのが、気温が温かくなった4月中旬ごろになると「雨の振る暗夜」に一斉に上陸を始めるんです。これが合図らしい。雨で柔らかくなった土を目指し上陸して土の中に潜るとそこに繭を作ります。

  • 5週間後幼虫は脱皮してサナギとになる

     

    サナギ姿はグロテスクですよね~。
    さらに2週間後、サナギから羽化した成虫は、条件の揃った夜に一斉に飛び立ち始めるんです。

  • ホタル観賞マナー①ホタルを捕獲したり、持ち帰らないようにしましょう! 淡い光を発し飛び交うホタルは、10日余りの短い期間で一生を終えます。この時期は交尾をし、卵を産む大切なときです。捕獲したり持ち帰ったりしないようにしましょう。
     

    成虫の寿命は、1週間~長くて2週間。
    オスは、交尾を終えると間もなく死んで、産卵を終えたメスもまたその短い一生を終えます。せっかく地上に出て広い世界を知ったのに悲し過ぎます。

  • ホタル観賞のイベントに参加しよう

1/3