Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

平安時代から続くお祭り!川越「ほろ祭り」

view66

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 川越の古尾谷八幡神社で行われる「ほろ祭り(ほろかけ祭り)」は、なんと平安時代から続くお祭りです!鮮やかなピンク色の笠が特徴的なお祭りで、 少年の成長と五穀豊穣を祝う行事です。今年は9月14日(日)に行われます。どういうお祭りなのか気になる!

  • 「ホロ」って何?

  • 川越の「ほろ祭り」は、平安時代から続くお祭りと言われています。少年の成長と五穀豊穣を祝う行事で、埼玉県の無形民俗文化財に指定されています。「ほろ祭り」の「ホロ」は、祭りの主役である少年の「ショイッコ」が背負う笠のことです。

  •  
     

    これが「ホロ」!
    36本の竹ひごと、ピンク色の和紙の花でできています。

  •  
     

    体がすっかり隠れてしまいます。

  • 「ほろ祭り」はどういうお祭り?

  • 祭りは、古尾谷八幡神社に「ショイッコ」や子供巫女の一行が到着するところから始まります。拝殿でお祓いを受けた後、先頭を行く天狗・太鼓や鉾など・「ショイッコ」・御祭神をのせた神輿の御一行が、御旅所へ向けて出発します。

  •  
     

    高下駄をはいた天狗が先頭を行きます。

  •  
     

    歩く道々、「ショイッコ」は「お練り」をします。
    「ヨイショ!」の掛け声にあわせて「ホロ」を回します。
    お祭りのいちばんの見どころです!

  • ほろ祭 - YouTube

     

    これが「お練り」!

  •  
     

    そういう教えがこめられているんですねー。

1/2