Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

【沖縄で水を自在に操れ!!】ホバーボード♡

view130

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 沖縄に行くなら絶対にホバーボードをお試しあれ!!『え、ホバーボードって何!?』とお思いのあなた。知らなきゃ時代に乗り遅れちゃいますよー。ここでしっかり勉強しておきましょう♪
    今回は沖縄のホバーボードについて詳しくご紹介しちゃいます。

  • 『ホバーボード』って何!?

  •  
     

    ここで言う『ホバーボード』の『ホバー(hover)』にはいくつかの意味があります。『鳥が羽ばたいて空中に停止する、停空飛翔する』や『ヘリコプターがホバリング[空中停止]する』等です。
    『ホバー』というといまいちピンときませんが『ホバリング』というと『あぁ、あのヘリコプターのやつね』と納得する方も多いのではないでしょうか??
    『ホバーボード』とは、ものすごーく簡単に言うと『ヘリコプターがホバリングするように、スケートボードがホバリングするもの』といったところです。
    スケートボードが宙に浮くって・・・一体どういうことでしょう?!

  •  
     

    映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』を見て、『あのホバーボード面白いそう!!やってみたい!!』と胸を熱くさせた方も多いのではないでしょうか??まさに夢のような乗り物ですいたよね。
    主人公が軽快に空中を滑る姿を見て、いつか未来にあのような乗り物にのれるのでは?と期待に胸をふくらませていた皆さん、ついに待ちにまった日がやってきましたよ!!映画と違って、流石にアスファルトの道路は滑れませんが、空中を爽快に飛び回る夢の『ホバーボード』がついに開発されたのです。しかも!!この『ホバーボード』、なんと既に沖縄で実際に乗ることができるようになっているんですよ。時代はまさに『近未来SF映画』の夢の乗り物まで実際に作り出すことができるのです。ビックリですよね?!

  •  
     

    ななななんと!!自分で買って試そうと思ったら約58万円も払わなきゃならないんですね!!これは流石に高すぎます…
    やはり夢のような機能を実現するためには、それなりに高価になってしまうのは仕方のないことなんでしょうね。『my ホバーボード』を手に入れるのはもう少し価格が下がってからにしたほうがよいでしょう…価格が下がるのかは謎ですが?!

  •  
     

    そういえば、確かに最近GoogleのTV CMで見かけましたね!!TVでやってる、あの『ホバーボード』を実際にやったよ!!なんて言ったら仲間内でも良い話のネタになりそうですねー♪皆から色々聞かれちゃうからちょっと得意げになっちゃいそう。
    でも、『実はうまくできなくてほとんど飛べなかった…』なーんて悲しい結果報告にならないように、当日はインストラクターさんの教えをしっかり聞いて必死で頑張りましょう(笑)

  •  
     

    これを見ると、まさに『スケートボード』または『スノーボード』の板ですね。その下に海水が噴き出すホースがついています。つまり…スケートボードやスノーボードが上手くできるくらいのバランス感覚は必要、ということですね。
    うーん、折角沖縄までいってホバーボードを試すわけですから、事前にスケートボードやスノーボードである程度練習しておいたほうがいいかもしれませんね。全くバランスがとれなくて海にダイブ!!ばかりじゃちょっと悲しくなってしまいそうです。

  •  
     

    なんと!!高さ5Mまで上がるんですね。下が海だから落ちても大丈夫とは言え、最初はちょっと怖いかもしれません。しかも時速25キロ?!なかなかのスピードですね。やりはじめの頃はちょっと勇気が必要かもしれません。

  •  
     

    見てください!!このアクロバティックな動き!!空中でくるりと回転してしまっているんですね。ホバーボードに慣れてきたらこんなかっこいい動きもできちゃうんです。
    ホースから噴出される海水の水しぶきで、虹までつくっちゃうんだからかっこよすぎます!!恋人同士でホバーボードをやりにきて、こんなかっこいい姿を見せたら、恋人は貴方に惚れ直しちゃうかも?!

  •  
     

    こちらは実際にホバーボードで空中を滑空している姿です。うーん、青い空と海をバックに華麗に空を舞っていますね。とっても気持ち良さそう!!
    これ、実は写真を見てわかる通り、海水を思いっきり噴出して、その勢いで空中に浮き上がる仕組みなんです。海でこれをやれば海水はいくらでもあるわけですから、モーターから海水を噴き出す限り、ずっと空中に浮いていられますよね。本当に良く考えられていますね。これを考え付いた人、すごいですねー。

  •  
     

    こちらのホバーボード、水深5Mもあれば実際に動かすことができるそうです。そんなに沖まで出なくてもできるんですねー。気軽にチャレンジできるのも嬉しいところです♪

1/2