Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

亀有のコッペパン専門店で進化したコッペパンをかぶりたい

学校給食でみんなが親しんだコッペパン。あの素朴な味は刷り込まれた大好きな味。今そのコッペパンブームが東京に来ているんですよ。亀有にはブームのもととなった店の技を受け継いだコッペパン専門店があります。もちろん今の舌の肥えた人々にこたえるトッピングもたっぷり。一緒にミルメークも飲みたいな。

view138

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 人気パン屋イアナックが出店したイアコッペ

  • 具材に合わせた3種類の記事がたまらない

     

    一番おいしく食べてもらえるようにパンにも工夫がいっぱい。ビフカツは千駄木のコシヅカハムの柔らかな赤身肉を使っています。ポテサラの具は季節によって変わるというこだわりよう。

  • 今度紹介するコッペパンはパンも本格派。元は人気のパン屋さん西日暮里の「ブーランジェリー イアナック」が出したコッペパン専門店イアコッペ。そこが作るコッペパンなんだからもちろん味は抜群。パサつかないソフトな食感を保たせることにこだわったパンは、低温長時間発酵させたあと、プレーンと全粒粉には液体天然酵母を用い、ブリオッシュの卵は卵黄のみで仕込み、バターの量を調整するなど、とっても手間暇がかけられているのです。

    中身の一番人気はビーフカツ、あとポテサラ、あんバタなどが続きます。具によってパンの種類も変えていて、ビーフカツは全粒粉、みかんは甘みのあるブリオッシュ、ポテサラ、あんバタはしっとりしたプレーンタイプを使っています。ここまできたらもうただのコッペパンとは違うという感じですね。

    サイズも少し小さめで、パンも軽めなので、いくらでも食べられそう。だけど、具材はもちろんはみ出さんばかりにたっぷり入っているのがうれしいです。亀有からどんどんコッペパン専門店は広がっていっているのですね。

  • 西日暮里のianak!自慢のパンで作ったコッペパン。自家製酵母を使用したしっとりもっちりの、
    なつかしくもあたらしいコッペパンができました。上野駅前に新しくできた”上野の森さくらテラス”の三階でお待ちしております。
    出典 :iacoupé
     

    このパンを持って、上野公園をぶらぶら散歩するのも素敵ですね。公園からなら上野の森さくらテラスに降りていく形になります。このロケーションにも憧れますね。

  • ちょっと前だけれど、イアコッペの新作を食べました~♪やっぱりここのコッペパンはおいしい!ピスタチオもどハマり。念願のビーフカツも★上野に行ったらイアコッペ~!いくつでも食べられるから怖いw→http://t.co/G4tdXcCo0I http://t.co/6CowHgdrB2
     

    新作もどんどん出てるから通うのが楽しいですよね。

  • 毎月10日は「コッペパン」の日だよ! 進化系おしゃれコッペパンを持って紅葉狩りに出かけよう♪ 上野『イアコッペ』 http://t.co/Dq2z7Y8fxC
     

    そうだったんですか。よし10日にはコッペパン屋さんに行こうっと。外ランチにはちょうどいい気候ですし。

2/2