Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

魅力を再発見!秋は世界も注目する日本の歴史を衣装で振り返る「時代祭」に行こう!

あなたは「時代祭」を知っていますか?京都で10月に行われるお祭りで、毎年国内外から多くの観光客が訪れるお祭りで、2016年は10月15日(土)から10月23日(日)にかけて開催されます。今回は、日本人も楽しめる「時代祭」の見どころについて紹介します。

view15

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 実は新しい?!日本の歴史のコスプレ祭り「時代祭」

  • 以前は、コスプレというと、かなりマニアでコアな人たちの遊びと考えられていました。しかし、最近はハロウインをはじめとして、気軽にコスプレを楽しむ人も増えてきていますよね。
    そのため、コスプレというと、なんとなくサブカルっぽい印象を受ける人も多いのではないでしょうか。

    しかし、京都には、このコスプレを真面目に行う祭りが毎年開催されています。それが「時代祭」です。

    「時代祭」の内容は、参役宜状授与祭、神幸祭、還幸祭などいくつかありますが、その中で、もっとも注目されているのが時代風俗行列です。今年は22日行われることが決まっています。

    この時代風俗行列は、日本の時代を象徴する衣装を着て、パレードするというものです。つまり、衣装によって、日本の文化を振り返るというものなのです。

    現代の日本は明治に文明開化で、服装が洋風になりましたが、この行列もここから始まり、それ以前の時代へと遡って行われます。

  • 時代際の見どころ「行列」

     

    全長2キロもある行列は、とっても迫力があります。
    どんどん時代が遡っていく様は、動く歴史の資料集のようです。

  • 明治時代の衣装は現在とそれほど変わらないので、あまりピンとこないかも知れませんが、徐々に日本の伝統、文化を感じられる衣装になっていきます。

    後半は、もはやコスプレでは?と思うような衣装になっていくので、見ていて、まったく飽きません。

  • 維新勤王隊列

  • 最初は明治時代の維新勤王隊列です。
    明治といえば、だいぶ過去の話になりますが、現在の日本の土台となった時代です。

    きりりとした若い男性が勇ましく歩む姿が頼もしいです。

    実際に、明治の人は質実剛健で、真面目で、勤勉であり、現在の日本人のイメージの元にもなっています。その時代から思うと、現代人はちょっと軟弱になっているのかな〜なんて思ってみたり。

  • 平安時代婦人列

  • 行列の中で、とくに目を引くのは女性の衣装です。

    近代は地味な印象のする婦人服ですが、時代が遡ると、現在よりも派手でおしゃれな色使いが目立ちます。

    ところどころに、日本というより中国っぽい?と思わせる文化がうかがえるところも味わいがあります。

    こちらのお祭りは京都を代表するお祭りとも言われるほど、素晴らしいものです。ぜひ、実際の行列を生で見てみてはどうでしょうか。