Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

福岡の花火大会はどこがオススメ?浴衣姿でいきたいスポット

北九州市で関門海峡花火大会が、福岡市で西日本大濠花火大会があります。ぜひとも浴衣を着て出かけたいものです。

view167

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 毎年8月13日に開催されます。昭和63年(1988年)から始まり、海峡を挟んで打ち上げたり、海峡に台船を浮かべて打ち上げる花火大会は世界でも珍しいものです。
    当初は、門司区と下関市の両者が互いに競い合って花火を打ち上げていましたが、今では両者が協力して実施するようになり、関門の夏の風物詩として海峡の夜を華やかに演出しています。両岸あわせて約10,000発の花火が打ち上げられます。
    出典 :関門海峡花火大会 - 北九州市
  •  

    海の両側から花火が上がります。

  • 関門海峡花火大会の様子

  • 浴衣を着て出かける人が多い。鹿児島本線の電車の中でも、夏になると、色鮮やかな浴衣を着る人が年々増えていると感じる。最近は男性が浴衣を着て出かけることも多い。
    出典 :地域・今年も行きました「関門海峡花火大会」
  •  

    両岸から次々に花火が上がります。

  • 花火大会は楽しいものです。
    特に浴衣を着て花火に行くと色取り取りの浴衣がまぶしく映ります。
    夏の風物詩です。
    西日本大濠花火大会は8月1日に、関門海峡花火大会は8月13日に行なわれます。
    どちらも福岡では大規模な花火大会です。
    町が浴衣姿で彩られます。

2/2