Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

今年も行こうよ!有料席で隅田川花火大会2014を思いっきり楽しもう!ゼッ!

今年ももうすぐですね~。隅田川花火大会2014は、有料席で観覧するのがゆっくり見られていいですよ。江戸の頃の両国花火大会の流れを受け継いだ、東京での大きな花火大会の一つです。大人も子どももワクワク!ドキドキ!しながら、当日は思いっきり楽しみましょう!そして、天気がいいことを願いましょう!

  • sarry更新日:2014/05/28

view222

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 起源は江戸時代、徳川吉宗が疫病や飢饉で亡くなった方を弔うために、花火を打ち上げたのが始まりと伝えられています。
    出典 :隅田川花火大会2014の日程は?穴場スポットの場所取りの最寄り駅も! | まるとく情報宅急便
     

    打ち上げ花火は、昔も今も内容は違うけれども、一つ一つ願いを込めて打ち上げられるから、どれもきれいなんですよね。「たまや~」「かぎや~」といった掛け声の由来もある歴史ある花火でもあります。

  • 隅田川花火大会は、生で見る、テレビで見る、あなたはどっち派? http://t.co/TkQHGz7n6X
     

    なるべく間近で、音と振動と目の前に打ちあがる迫力ある花火が見たい!とは、誰もが思うよね。でも実際は、かなり混んでて花火どころではない感じになることは避けられないですよね。

  • 東京都民の夏の風物詩。今年2014年は7月26日土曜日の開催で第1会場と第2会場の2ヶ所で行われます。
    出典 :2014年隅田川花火大会を見に行く方の為のまとめサイト
     

    去年はゲリラ豪雨となって、開始から30分で中止になってしまったから、今年はぜひとも天気が良くありますように!って、昔ながらのテルテル坊主を今からでも準備しないとね。でも今年の開催日は、なんと大安吉日!!大丈夫!今まで同様に、約22,800発もの花火が打ち上げられるので楽しみですね。

  • 打ち上げ数では第二会場が多いけど、コンクールの200発の花火は、第一会場から上がるからね~。
    出典 :隅田川花火大会2014有料席と穴場の場所は?地元のマル秘情報! | イクメンパパの子育て広場
     

    どっちへ行けばいいのやら。悩みます。人気があるのは第一会場で、ちょっとでも空いてる方で観覧したいのであれば第二会場へ。

  • 隅田川花火大会

     

    東京三大花火大会としても有名で、毎年100万人近くもの人々が訪れる、東京でも、いや国内の花火大会としても一番人出が多いのではないでしょうか。毎年すごい人なので、交通規制や通行止めなどでさらに混み合い、立ち止まってみることができない場所もあるほどで、DJポリスの方たちの誘導を聞きながら、スムーズに進んで楽しみたいですね。

    隅田川花火大会実行委員会事務局
    (台東区役所10階)
    03-5246-1111(代表)
    ●日時
    2014年7月26日(土)
    荒天時翌日に順延、両日荒天時は中止
    ●時間
    19:05~20:30
    第一会場:19:05~20:30 第二会場:19:30~20:30
    ●場所
    第1会場:桜橋下流~言問橋上流
    第2会場:駒形橋下流~厩 橋上流
    ●打ち上げ数
    約20,000発
    第一会場:約9,500発 第二会場:約10,500発

  • 各社秘蔵の一発で技を競い合い、全国的にも高レベルな打ち上げ花火が毎年楽しめるんです。
    出典 :東京都の花火大会2014の日程と有料席!場所取りの穴場への最寄り駅は? | まるとく情報宅急便
     

    隅田川花火大会は、国内の花火競技会で勝ち抜いてきた、各花火業者による花火コンクールが毎年行われているということで、これが目当てで訪れる人々もいるようですよ。そして、ライトアップされたスカイツリーとのコラボも必見!

  • 目の前の盛大な花火を体感したい!ヨネ!

  • 隅田川花火大会 協賛席 目の前で、花火音が鳴り響く - YouTube

     

    こんな目の前で見てみたいです。場所は第一会場の様子だそうです。

  • 100万人近い人出が見込まれる2014年の隅田川花火大会。混雑を避けたい人は有料席 協賛席がおすすめです。
    出典 :隅田川花火大会2014 有料席 協賛席 | 花火大会
     

    ゆっくり見れるから有料席(協賛席)は本当にいいですよね。しかし、残念ながら今年2014年度の有料席は5/23で応募が締め切ってしまっています。残念!残念!残念!主催者側からは、花火大会の協賛としてお金を集めるという形をとっているそうです。来年こそは絶対…。

1/3