Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

【埼玉】B級スポットと呼ぶには壮大過ぎる そんなスポットをご紹介♪

人気観光地の上位には入らないけど、調べてみるとちょっと気になる場所。それがB級スポットです。埼玉には、B級スポットと呼ぶには憚られる、でもやっぱりそこまで有名ではない、壮大なスポットがあります。今回は、「首都圏外郭放水路」と「吉見百穴」のふたつをご紹介。どちらも聞いたことある?

view327

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「首都圏外郭放水路」

  • 埼玉県東部にある「首都圏外郭放水路」は、中小河川が溢れて洪水にならないよう、国道16号の地下約50メートルに造られた、長さ6.3キロメートルもある地下放水路です。世界最大級の地下河川だそうです。洪水が起こっていなければ、その内部は空っぽなので、柱が林立する様子は、まるで「地下神殿」。ドラマや映画撮影でも使われる、密かな人気スポットです。

    住所:埼玉県春日部市上金崎720
    電話番号:048-747-0281
    営業時間:10時00分~16時30分(要予約)

  •  

    SF映画やファンタジー映画に出てきそう!
    「地下神殿」という表現がぴったりです。
    ただ、本来の役割は洪水を防ぐための放水路。
    部分通水が行われた平成14年から平成25年3月までに、73回、洪水調節で活躍しました。
    私たちの生活に本当に役立っている!

  •  

    人の大きさと比べると、そのスケールの大きさがよく分かります。
    防災への意識向上を図るため、「首都圏外郭放水路」では見学会を実施しています。
    個人・団体どちらも、基本、平日(火曜~金曜)限定で見学ができます。
    見学会は人気なので、受付開始日をしっかりチェックしましょう★

  •  

    平日になかなか見学に行けない人にもチャンスがあります!
    毎年11月に、土日の特別見学会を開催しています。
    この日は事前申込み不要です。
    2014年はもう終了してしまったので、2015年を狙いましょう!

  •  

    併設されている「地底探検ミュージアム 龍Q館」。
    「首都圏外郭放水路」の仕組みや水の怖さや働きについて、楽しく学ぶことができます。
    「首都圏外郭放水路」の見学会に申込むと、こちらで事前学習をしてから、放水路内の調圧水槽の見学に行くことになります。

    開館時間:9:30~16:30

  • 「吉見百穴」

  • 比企郡吉見町にある「吉見百穴(よしみひゃくあな)」は、古墳時代の横穴墓の群です。国史跡にも指定されています。以前は、大昔の住居跡と考えられていましたが、その後の調査で古墳時代の横穴墓であったことが分かりました。丘陵の斜面にポコポコと空いた穴、その数219基だそうです。歴史を感じさせる一方、ジブリ映画のようなファンタジックさも感じさせてくれる、そんな不思議なB級スポットです。

    住所:埼玉県比企郡吉見町327
    電話番号:0493-54-1511
    営業時間:8:30~17:00

  •  

    丘陵の斜面にポコポコ穴が空いている様子を見ると、住居跡だと考えられた理由が分かる気がします。
    外国には、こういうところに住んでいる地域がありますもんね。

  •  

    この辺りは、凝灰質砂岩と呼ばれる比較的掘りやすい岩盤。
    古墳時代の人々も、その性質を利用して横穴墓を使ったのでしょう。
    ちなみに、それぞれの横穴墓の中には、一人ではなく複数の人が葬られていたらしい。
    そのような風習を「追葬」というらしいです。

1/2