Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

最新作を集めた展示会☆デヴィッド・リンチ展覧会で独特の世界観に浸る

独特の映像美に浸れる展示会、映画監督のデヴィッド・リンチ展覧会が、6月25日から7月14日まで東京・渋谷ヒカリエのギャラリースペース「8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery」で開催されます。2012年以降制作された版画やビジュアル作品がズラリ登場しますよ。

view48

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • Please go away from here 2014

     

    「ここから出ていってくれ」と題された最新のリトグラフ。描かれている男性は一体、誰なのか? 気になるところですね。

  • その独自の世界観により「カルトの帝王」とまで呼ばれる彼には、「映画監督」のほかにもたくさんの肩書きがあります。
    出典 :【6月25日から】渋谷ヒカリエで奇才デヴィッド・リンチ氏の個展が開催されるよぉ~! しかも入場無料!! | Pouch[ポーチ]
     

    かつては、画家を目指していたというリンチ氏。脚本家にプロデューサー、俳優、ミュージシャン、そしてアーティスト。リンチ氏の「アーティスト」である側面を垣間見てみましょう!

  • Man Makes Crying Man 2012,

     

    「人間が泣き男を作る」というタイトルですが、泣き男の悲しみは誰の悲しみなのでしょう。なんのために泣かねばならないのか、なんのために泣き男を作るのか、、、謎がいっぱいです。リンチのメッセージをあなたなりに受け止めてみましょう。

  • また会場では、かねてより話題となっていた音楽家としてのデビュー・アルバム『Crazy Clown Time』の販売が決定。
    出典 :デヴィッド・リンチ、展覧会が渋谷ヒカリエで開催 | David Lynch | BARKS音楽ニュース
     

    さらに、7月13日(金)と7月14日(日)の2日間、20時よりデヴィッド・リンチ短編映像も上映される予定なので、ファンは要チェック。アート、映画、音楽と多方面に展開される彼の表現活動を一挙に楽しむことができますよ!

  • I go to my house 2012

     

    「おうちに帰る」のですが、真っ白さがかえって不安さをかき立てる家のたたずまい。お家に帰っても楽しいことなんてあるのかしら? 孤独だけが感じらてきそうで、不安と焦燥感に駆られる作品です。

  • 今年7月から10月にかけて六本木の「21_21 DESIGN SIGHT」で行なわれる企画展「イメージメーカー展」にも作品を出展
    出典 :鬼才デヴィッド・リンチの個展 渋谷ヒカリエで開催 | Fashionsnap.com
     

    精力的に制作活動を行っているのですね。映画より、自分だけの世界を映し出せるアートの世界に近年はどっぷり浸っている感じなのかも知れません。そんな彼には、アート的に東京がとっても気になる場所かも。

  • 会場となる渋谷ヒカリエの8/ってどんな場所?

  • ギャラリースペース「8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery」

     

    渋谷ヒカリエのギャラリースペース「8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery」は、オフィスのような、カフェのような、ギャラリーのような、ショップのような、それぞれが重なりながら、一日に300万人が行き交う巨大ターミナル「渋谷駅」に直結した超立地で渋谷らしい交流により、新しいクリエイションの可能性を探る展示会やアートイベントが繰り広げられるスペースです。さあ、アート好きは渋谷ヒカリエ8階を目指しましょう!

  • 8/アクセス

     

    ■〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1
    ■公共交通機関からのアクセス:東急東横線・田園都市線、東京メトロ副都心線「渋谷駅」15番出口直結、JR線、東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」と2F連絡通路で直結

2/2