Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

もうすぐクリスマス!100均の材料を使ってクリスマスリースを作ってみよう!

クリスマスが近づき、街にもあちらこちらに綺麗なイルミネーションが見られるようになってきました。おうちの玄関も、可愛いリースで飾ってみたくなりますよね。お店には色々なクリスマスリースが売られていますが、今年は手作りなんていかがでしょう?家族や彼氏と作れば、冬の楽しいイベントにもなりますよ!

view2411

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 手作りクリスマスリースのすすめ

  • 玄関にクリスマスリースを飾ると、一気にクリスマス気分が盛り上がりますよね。ご近所さんにも「おしゃれなおうちだな」という印象を持たれそう。
    小ぶりのかわいいものからとっても豪華なものまで、様々なものがお店で売られています。値段も様々で、数百円のものから数千円のものまで幅があります。

    あんまり高価なものを飾るのもちょっと・・・でも、「あれ、安いやつだな」とわかってしまうのもいやだし・・・という方も多いはず。そんな方には手作りがおすすめです!!

    手作りの温かみがあるリース、そして頑張って自分で作ったリースの価値は、金額でははかれない良さがあります。材料は100均でも、心を込めて作ったリースには何ともいえない素敵な雰囲気が漂います。自分の好きな色合いにして、自分の好きな飾りを付けて、世界に一つのクリスマスリースを作りましょう。作り方はとっても簡単なのでご心配なく。

    一人で作るもよし、彼氏と仲良く作るもよし、お子さんと一緒に作るのも楽しそう!
    今年のクリスマスは、手作りリースを作ってほっこり気分で迎えましょう!!

  • まずはリースの土台選びから

  •  

    こちらはダイソーのリース台です。
    クリスマスリースにピッタリのカラーですね。

  •  

    こちらはセリアのもの。
    薄めの色で明るいクリスマスリースを作りたい方にはこちらがおすすめ。

  • 普段100円ショップをぶらぶらしていても、こんなリース台が売られているなんて意外と気づきませんよね。なんでもあるんですね、100均には!

    こういったリースの土台に、様々な飾りをつけていくだけでOKなんです。
    どんな雰囲気のリースにするかはあなた次第。
    どんな風に作ろうか、ワクワクしますね!

  •  

    こちらはダイソーの「松ぼっくりリース」。
    こんなものまで売られているんですね!

  • リースの土台が売られていることにちょっと驚いていたら、なんと松ぼっくりの土台まであったんですね!!

    松ぼっくりの土台なら、飾りつけはシンプルでも十分に豪華なリースになりますね。
    手抜きしても素敵なリースが作れてしまうので、時間がない方におすすめ。
    小さなお子さんと作る時にもいいですね。

    これだけでも飾れてしまいそうな松ぼっくりのリース土台ですが、アレンジするとさらに素敵!

  • 次に飾りを選びましょう!

  •  

    こちらはダイソーのクリスマスオーナメントたち。

1/3