Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

関東近郊にお住まいの方必見!オススメのバス釣りできる川をご紹介♪

バス釣りできる川をお探しの方はいませんか?
実は、関東近郊にはたくさんのバス釣りができるスポットが点在しているんですよ!
ここでは、初心者から上級者まで楽しめる、バス釣りスポットの探し方のコツや、実際のオススメスポットなどをご紹介しましょう♪

view844

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • おすすめのバス釣りできる川

  • 関東近郊にあるおすすめのバス釣りできる川をご紹介します!

  • 備前堀川

     

    埼玉県北東部を流れる「備前堀川」は、釣り人の中でも有名なバス釣りのスポットです!

  • 備前堀川は比較的浅めですが、ブラックバスを釣ることができます。
    現在は、新川用水からの農業排水路として主に利用されている川です。

    ちなみに、ここはブラックバスだけではなく、夜になるとナマズも釣れるとして有名です。

  • 入間川

     

    こちらも埼玉県にある「入間川」。
    スモールマウスバスが釣れる場所として釣り人の間では有名です!

  • 現在、日本には大きく分けてラージマウスバスとスモールマウスバスの2種類が生息している。スモールマウスバスとは、その名のとおり口が小さいのが特徴のバスだ(コクチバスとも呼ばれる)。また、ラージマウスと比べて身体の模様も異なる。よく「虎模様」と言われるが、黄金色をした綺麗な個体も存在する。
    出典 :Road to Basser | 釣りビジョン
     

    スモールマウスバスの特徴は、口が小さいこと。
    日本には多く生息しています!

  • ラージマウスバスだけでなく、スモールマウスバスが多く生息しているのが特徴のこちらの川。

    実は、過去に外来魚が無断で放流されてしまったという経緯があり、駆除活動にも力を入れています。
    そのため、釣った魚はリリースせずにそのまま持ち帰ることが原則となっています。

    下流に行くほど大物が釣れると言われているので、大きいバスを狙いにいっている方はぜひ下流で挑戦してみましょう!

  • 小貝川

     

    茨城県にある「小貝川」。
    ここでも、スモールマウスバスを釣ることができます!

  • 小貝川という名前を聞いたことのない方も多いかもしれませんが、実は、全長111.8kmという長さを誇り、実は利根川の交流の中で2位の長さを持っている川です。
    小貝がたくさんとれることから、この名前が付いたとのこと。

    ブラックバス以外にも、コイや雷魚などが釣れます。

    雨が降ると洪水を起こすことから「暴れ川」とも呼ばれているため、天候が悪いときにはできるだけ近づかないよう注意しましょう!

  • 多摩川

     

    県内外の方、誰でも知っているであろう「多摩川」ですが、実はここでもバス釣りが楽しめます。

1/2