Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

写経体験とは?写経体験を趣味として体験してみよう!

view24

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 最近巷で時々耳にする『写経体験』。どうやらこちらはご趣味の一つとしている方々が多いようで、最近では少しずつではありますが、日本人の人々に浸透しつつあります。これも日本人の本来の気質に合っているのかもしれませんね。そこで今回は写経体験についてまとめてみました!

  • 写経体験ってそもそもどんな趣味?

  • 「そもそも写経体験ってどういうものなの?」という人もまだまだ多いかと思います。そこでまず、写経体験という趣味についてご紹介します。

  •  
     

    筆で何か文字を書く、というのは習字を思い出しますが、写経はまたそれとは違った、心をこめ、仏教に対しての理解を込めるのですね。

  •  
     

    たしかに、よく見るお経って、普段私たちがふれる文字とはまた違いますよね!それを正座で写すということですから、しっかりと身が入りそうです。また、書き続ける時間も長いので、相当な集中力を使いそうですね。精神もしっかりしそう。

  •  
     

    たしかに、このお経の一文字一文字に精神を込め書き続けたのなら、雑念など終わったころには取り払われていそうですよね!

  •  
     

    つまり写経っていうのは、心を静め、書いている文字すべてに集中し、雑念を取り払う。それによって、心が落ち着く、という効果をもたらすものなのですね。それを体験できるなんて、素晴らしい趣味ですね!日々の邪念が取り払われそうです。

  • それでその写経体験、どこでできるの?

  • 皆さん、今までの説明で少しはご興味を持たれた方はいらっしゃいますでしょうか?でしたら幸いです!ではそんな方のために、早速その写経体験のできる場所をご紹介いたします!行く際にはぜひ、心を静めてからお向かいください。

  • 黒羽山 大雄寺

     
     

    こちらは指定文化財となっている、今ではあまりお目にかかることのできない萱葺き屋根のお寺さんです。般若心経一巻の写経を体験できます。写経が終わった後は経を唱え、お納めするようです。体験をされた方の写経は12月に法要を行い、合掌観音下に納経してくださるようです。なんだか落ち着いた心で写経のできそうなお寺さんですね。

    日時:毎月第一火曜日13:30~
    持ち物:墨、硯、筆(細めのもの)
    納経料:1000円
    問い合わせ:0287-54-0332

    体験をする際は、必ず予約が必要となります。

  • 可睡斎

     
     

    600年もの歴史を持つと言われているこのお寺さん。なんと日本人ならだれでも知っている、あの徳川家康公が名付けたとか…境内は自然に囲まれた落ち着いた空間が保たれており、写経にはぴったりです。こちらでの写経は月心会というものの中にあるようです。写経だけではなく、他にもさまざまな貴重な体験をすることができます。

    日程:日程について、詳しくはホームページでご確認ください。1泊2日、日帰りの2通りがあるようです。
    料金:1泊2日 8800円/日帰り 3800円
    問い合わせ:0538-42-2121

    ご予約は5日前までに必ずお申し込みください。

1/2