Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

文芸フェス!作者と読者と編集者と!本を愛する全ての人のためのフェスティバル

文芸フェス!作者と読者と編集者と装幀家と翻訳家と。本を作り本を消費し本を愛する全ての人の距離が近くなるお祭りが日本で開かれました。

view28

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 西加奈子さんのエジプトで暮らしていたときの話。周りが貧しいのに、自分がお金持ちであることが恥ずかしかったという発言を聴いて。「それはどこの太宰ですか…!」とドキドキしていたらやはり太宰の小説に共感していた。 #文芸フェス
  • 空想対談「ウォーホル × カポーティ」

     

    原田マハ(作家)、青山南(翻訳家・エッセイスト)、
    中西玲人(プロデューサー/東京国際文芸フェスティバル企画委員)

  • アンディ・ウォーホルによるBMWアート・カー。ここは撮影可能とあって、皆こぞってパシャパシャ!カッコいい。 #文芸フェス http://t.co/O2abgNtGCp
  • 短編小説で学ぶ「失恋入門」

     

    出演者: 江國香織 、本谷有希子、都甲幸治、小野正嗣、ジュノ・ディアス…

  • 都甲「なんでみんな失恋入門にきたの?失恋するよ!」#文芸フェス
  • 人生はいつか終わるし、恋愛もいつか終わる。変わらないでと、願っても変わってしまう。

    そんな当たり前で、無情な現実を突きつけられて、なぜか元気になった。恋がしたくなった。恋愛入門じゃないか。
    #文芸フェス
  • いま、アジアで『文学する』こと

     

    平野啓一郎、中島京子、キム・ヨンス、タッシュ・オー、ウティット・へーマムーン

  • #文芸フェス いまアジアで「文学すること」、とても興味深いセッションだった。タイ、マレーシア、韓国からの作家と中野京子、平野啓一郎の対談で、各国での「海外文学」需要状況から、表現することとは何かといった執筆に関わる核心的な問題まで、広く和やかに語られた。大成功じゃないかな、これ。
  • ポツポツと語るキム・ヨンスさんの、「人から見たら死んだほうがいいと思うような人が最後まで生き延びる話」が無性に読んでみたくなり。(でもまだ訳されてないんですってね)#文芸フェス
    RT @hiranok 東京国際文芸フェスティヴァルのシンポジウム「いま、アジアで『文学する』こと」
  • 東京国際文芸フェスティバル2014 クロージング!

     

    川上未映子、堀江敏幸、ジェフリー・ユージェニデス、ジュノ・ディアス、マームとジプシー 他