Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

屋形船でもんじゃ焼きを食べたい!焼きたてアツアツ♪食べ放題プランも充実!

屋形船の料理といえば、刺身、天ぷらなどの和食のイメージですが、最近では屋形船といえば「もんじゃ焼き」というくらい、「屋形船でもんじゃ」は定番の楽しみ方になりつつあるようです。海外からの観光客はもちろん、日本の若い層からも人気のデートコースになっています。

view31

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 東京名物?もんじゃ焼き

  • 大阪の関西風お好み焼き(モダン焼き)、広島のお好み焼き(広島風お好み焼き)、そして東京のもんじゃ焼きと、日本には各地に粉物の食文化が根付いています。
    ただし、広島や大阪と違って、東京のもんじゃ焼きは東京全域というよりは関東の一部の食文化とも言われています。

    安土桃山時代の千利休によって提案された「麩の焼き」が原型とされ、明治までに「助惣焼」に発展、そして江戸時代に、現在の「もんじゃ焼き」の名前の由来となった「文字焼き」が生まれたと言われています。つまり、「もんじゃ焼き」と「助惣焼」のルーツは「麩の焼き」にあるということです。

    「文字焼き」は焼くときに文字を書いたことから、その呼び名がついたそうですが、別の説では「門次郎」と言われる男性名に由来するという説もあります。

    いずれにしても、現在までに関東各地にもんじゃ焼きが広がって行きました。

  • もんじゃ焼き

  • 屋形船+もんじゃ焼き

  • もんじゃ焼きは主に、東京の下町、埼玉県南部、東部、そして群馬県東部や栃木県南部にもお店が多いことからそれぞれの地域で親しまれた料理と言えます。
    最近では東京の月島がもんじゃの町として知られ、多くの有名店が軒を連ねています。

    こうして、もんじゃ焼きは、東京では下町の味として全国的に知られているのですが、この和風グルメを屋形船で楽しむという組み合わせが、新たな観光、さらにはデートスポットとして注目されています。

  • 月島もんじゃ屋形船

     

    所在地:東京都江東区新木場2−6−3
    電話:03-3533-6699

  • 千羽丸

     

    所在地:東京都中央区月島1-2-6-2F
    TEL:03-6221-2666

    集合場所(桟橋):東京都中央区晴海3-1-1

  • そんな新しい楽しみ方を提供してくれる屋形船で知られるのは「東京もんじゃ焼き」と「千羽丸」です。どちらの船の船内にも各テーブルに鉄板があり、アツアツのもんじゃ焼きを食べることができます。
    しかも、コースは嬉しい食べ放題♪

    時間帯や時期によっては格安プランも登場します。

    お台場をはじめとした東京の景色とともに、お腹いっぱいになるまでもんじゃ焼きを楽しんでみてはいかがでしょうか。