Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

【東京半日デート】関西からJRで立ち寄りたい江戸を情緒を感じたい《ベタ》な旅

次の日休みならちょっと贅沢に関西から東京都へ足を伸ばして【半日デート】とか洒落こみませんか?半日あれば十分楽しめるはず。もちろん是非行きたいスポットといえば江戸情緒を漂う浅草界隈。関西にはない雰囲気を味わうこういうデートもいいんじゃない?

view101

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 東京まではこんなお得なプランがあります。

  • 新幹線+東京スカイツリー天望デッキ(350m)入場引換券がセットになったお得な日帰りプラン!

  • 浅草仲見世界隈をひやかす。

  • まずは仲見世をひやかしちゃいましょう。

     

    浅草観音の表参道である仲見世は、雷門~宝蔵門へのおよそ250mの道路両側にある商店街の総称です。石畳の歩道には、文明開化の明治の雰囲気や下町の味が残されていて江戸時代華やかなりし元禄、天保の頃、浅草寺境内の掃除の賦役(早い話が今で言うボランティアですね。)を課せられていた近くの人々に対して、その代償として境内の一定の場所、仁王門東前側に出店する特権を与えたのが仲見世の始まりです。
    ちなみに、伝法院から仁王門寄りの店を役店、雷門寄りは平店(ひらみせ)と呼び、日本でも一番形の門前町となりました。そんな歴史ある門前町をぷらりとしてみませんか?

  • 江戸趣味小玩具仲見世 助六

     

    助六は江戸末期の頃から続く小玩具の店です。玩具といってもタダの玩具ではなく、小玩具・豆おもちゃにこだわる日本でただ1つのただ一軒の江戸趣味小玩具のお店です。時は八代将軍吉宗の頃(暴れん坊将軍ですね)、贅沢禁止令が出されて裕福な町人が楽しんでいた大型で豪華に飾るオモチャ-からくり人形とかでしょうか-はご法度となり、その結果できるだけ小さく精巧な細工をほどこしたり、玩具に言葉遊びを取り込んだ小玩具が作られるようになったのです。江戸の粋ってやつでしょうか?

  • 染め絵てぬぐい ふじ屋

     

    浅草土産にちょ~おススメ!職人の手で染め上げた手ぬぐいで作った小物や手ぬぐいはきっと愛着がわく品になります。ブックカバーなどちょっとオシャレな雑貨もあるようですよ。

  • 浅草寺 本堂

     

    ご本尊は観音様(聖観音菩薩)。

  • 浅草グルメ

  • 浅草きびだんごあづま

     

    ■5本300円
    江戸時代の味を再現!
    冷やし抹茶とご一緒に。冬には甘酒のお供に。(各100円)

  • 木村屋本店

     

    創業明治元年1886年、浅草で最も老舗の人形焼。厳選された材料で作られた人形焼は今や人形焼の代名詞ですね!4個300円から

1/3