Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

大阪・岸和田名物「かしみん焼き」って何?

連続テレビ小説「カーネーション」の舞台となった大阪・岸和田のソウルフード、「かしみん焼き」をご存知ですか? 見た目はお好み焼きですが、実は深〜い味わいをもつ粉もんです。さあ、古い町並みが残る岸和田に名物B級グルメを食べに行きませんか?

view151

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • かしみん焼きとは?

  • 岸和田の「かしみん焼き」

     

    かしみん焼きというのは、簡単にいうとお好み焼きの一種。小麦粉を溶いた生地を熱した鉄板に丸く伸ばし、千切りのキャベツと、細かく切った「ひねのかしわ」(卵を産まなくなった雌鳥の肉)、牛脂をミンチ状にしたものをトッピング、さらに生地をかけ回してひっくり返し、あとは両方の表面をカリッと焼き、ソースをたっぷりかければ完成。

  • 同じ岸和田市でも山側に住んでいる人の中には、かしみん焼きという料理を知らない人もいるという。
    出典 :NHKの朝ドラで注目を浴びた岸和田発祥の「かしみん焼き」(2/3) | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト
     

    岸和田市街の大北町、中北町、大手町、紙屋町、中の浜町、中町、大工町の七つを総称した「浜七町」(浜地区)と呼ばれる地域で生まれた「かしみん焼き」は、あまり外へと広がることなく地区内だけで食べられてきたそうですよ。

  • お好み焼きとどこが違うの?

  • 「かしわ」(鶏肉)の存在ですね

     

    お好み焼きの定番「豚玉」では通常バラ肉を使う。かしみん焼きは、独特の旨みがあるかしわに、牛脂の旨みを加え、お好み焼きとは違う味を生み出している。特に表面のパリッとしたところと、かしわのコリコリした食感はクセになる。価格も一枚あたり400円~500円ほどと、財布にもやさしい。「B級グルメ」といってもいいご当地料理で、お好み焼きが好きな方なら一度は試してもらいたい大阪の味です!

  • 大阪・岸和田ってどこ? 何が有名?

  • だんじり祭り

     

    なんば駅から南海本線に乗り、急行と各駅停車を乗り継ぎ、およそ30分。「蛸地蔵」(たこじぞう)という駅でおりれば、そこがかしみん焼きのメッカ。岸和田市は、大きな山車を猛スピードで引き回す「だんじり祭り」で有名です。

  • 連ドラ「カーネーション」の舞台でした。

     

    近年は、NHKが2011年に放送した連続テレビ小説「カーネーション」の舞台となり注目を浴びました。商店街があったり、下町風情を感じる町並みが残っています。ドラマの舞台現場もいまだに人気。

  • 鶏肉屋さんが繰り広げる「かしみん焼き」の極意!

  • その舞台になっている泉州・岸和田を久しぶりに訪ねてみることにした。目的はもちろん「コシノ洋裁店」と「かしみん焼き」だ。
    出典 :関西お好み焼き総研+:”かしみん焼き”の母なる店 「鳥美」@大阪・岸和田
     

    路地裏度:★★★ (限りなく常連仕様である)との口コミも。こんなお店、知ってたらなんかかっこいい。このエリアは至る所に城下町の雰囲気と、戦前の街並みが残っていて、路地を折れると、魚屋の奥に出現する「かしわ・地玉子 鳥美」と書かれた緑色のテントが目印です。

1/3