Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

都立神代植物公園 「春のバラフェスタ」

都立神代植物公園は約4800種10万本もの植物が植えられている都内唯一の植物公園。園内を歩けば色とりどりの美しい春の花たちが迎えてくれる。バラが見ごろとなる時期に合わせ、平成26年5月17日(土)~6月1日(日)「春のバラフェスタ」が開催される。

  • ku_ba更新日:2014/04/16

view40

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 昼食やおやつを食べたり、おもちゃで遊ぶのにぴったりな広い芝生が広がります。芝生中央に位置するパンパスグラスを眺めながら、お飲物やお食事をお楽しみください。
    出典 :施設について|神代植物公園|公園へ行こう!
     

    売店・レストランもあり、おでん¥380・牛丼¥470などある。しっかり食事がしたい人は神代グリーンサロンを利用しよう。じっくり煮込んだビーフシチュー¥1,030やゴロゴロ野菜のカレーライス¥830など利用することもできる。このお店にはアルコール類もある。

  • 植物公園ならではのお土産も用意されている。バラフェスタ開催時期には、限定商品もあり。
    お見逃しなく!!

  • 武蔵野の面影が残る園内で、四季を通じて草木の姿や花の美しさを味わうことができます
    出典 :-都立公園・庭園案内-
  • 江戸の園芸植物の品種の保存や植物・園芸に関する催しや展示会を開き、都民の緑に対する関心を高めるのに一役買っています。
    出典 :-都立公園・庭園案内-
  • 昭和59年には大温室が完成し、珍しい熱帯の植物が集められ、冬も彩り鮮やかな花々を観賞できるようになりました。
    出典 :-都立公園・庭園案内-
2/2