Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

大阪市立科学館で一日楽しむ。

大阪のど真ん中にある大阪市立科学館。意外と一度も行ったことがない人が多くてびっくり。結構一日たっぷり楽しめるスポットです。

view90

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大阪市立科学館とは・・・

  • テーマは「宇宙とエネルギー」

  • 大阪市制100周年事業として、関西電力から65億円の建物設備の寄付を受けて1989年に開館した。前身は、日本で初めての科学館であり、かつ初めてプラネタリウムを導入した大阪市立電気科学館(開館は戦前の1937年)である。
    出典 :大阪市立科学館 - Wikipedia
  • 大阪市立科学館

     

    〒530-0005
    大阪市北区中之島4-2-1

    TEL:06-6444-5656(代表)
        06-7657-5719
       (団体予約専用)
    FAX:06-6444-5657

  • アクセスマップ

     

    地下鉄四つ橋線 肥後橋駅3号出口から西へ約500m

  • 開館時間
    9時30分~17時
    (展示場入場は16時30分まで。プラネタリウム最終投影は16時から。)

  • 館内ロビー

     

    一日かけてのんびり楽しみたいもの。

  • 常設展示では参加型を中心に200のアイテムがある他、サイエンスショーなどが行われている。また、世界5位の直径26.5mのドームでのプラネタリウム・オムニマックス(IMAX)による天体の映写のほか、2004年7月にプラネタリウムが全天デジタル映像装置を組み合わせた次世代の施設としてリニューアルオープンした。
    出典 :大阪市立科学館 - Wikipedia
  • プラネタリウムは目玉です。

     

    約45分の入れ替え制です。
    300人ぐらいの規模です。

  • 200もの体験型展示やサイエンスショーなどを行っている。なかでもプラネタリウムは、直径26.5mもの世界最大級のドームスクリーンに、天の川を35万個の星として表現するなど、リアリティを追求した星空を投影している。また、6台のプロジェクタから全天に映し出す映像は迫力満点。
    出典 :大阪市立科学館:OSAKA-INFO 大阪観光情報
1/2