Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

映画・ドラマで見たことあるある~京都のロケ地巡り

view11277

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 京都の寺院などの観光名所や町並みは、映画やドラマのロケ地として使われています。ドラマの主人公がいた場所に出向くロケ地ツアーが流行っています。あの名シーンがどこで撮影されていたのか、京都のロケ地を紹介します。

  • 京都で時代劇と言えば

  • 大沢池

     
     

    大沢池のまわりに近代的な建物がなく、緑豊かな場所なので時代劇のロケによく使われています。 必殺仕事人、続・三匹が斬る、鬼平犯科帳、暴れん坊将軍などの撮影に使われていました。

    京都府京都市右京区嵯峨大沢町

  •  
     

    四季折々の趣のある風景は映画やドラマでも心に残るシーンになりますね。

  • 八幡・流れ橋

     
     

    1953(昭和28)年に橋が建てられた、全長は約356.5m、幅3.3mで現存する日本最長級の木造橋です。暴れん坊将軍、必殺仕事人、­水戸黄門、銭形平次、座頭市、陰陽師、新撰組、鬼平犯科帳­…などのロケ地として使われました。

    京都府久世郡久御山町 - 八幡市

  •  
     

    橋の周辺には電柱を立てないなど、時代劇の雰囲気をこわさない工夫がされているそうです。今でも地元の人達が徒歩や自転車で通行しています。

  • 仁和寺

     
     

    映画 大奥のロケ地として有名になった、仁和寺の廊下です。嵐の二宮さん扮する水野が初めて大奥に入った時に松島に案内されて歩いた廊下です。

    京都府京都市右京区御室大内33

  •  
     

    京都では有名なMKタクシーの「大奥」ロケ地巡りプランでは、仁和寺もコースに入っています。

  • 仁和寺

     
     

    映画 るろうに剣心のロケ地にもなりました。ヒロインの薫と剣心が出会うシーンに使われたそうです。

  • 青蓮院門跡

     
     

    池泉回遊式庭園が美しいお寺です。映画「大奥」、ドラマ「平清盛」「暴れん坊将軍」のロケ地になりました。

    京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1

1/3