Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

秋田・男鹿半島のなまはげ!

秋田の男鹿半島では、独特の風習であるなまはげというものがあります。「わるいこはいねぇが?」というなまはげのフレーズ、聞いたことがあっても、実は知らないことも多かったです。こんなものなんだというのをご紹介します。

view35

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なまはげとは?

  • なまはげは、大晦日に秋田県の男鹿市と三種町、潟上市の一部の各家々で行われる伝統的な民俗行事。
    出典 :なまはげ - Wikipedia
  • 「男鹿(おが)のナマハゲ」として、国の重要無形民俗文化財に指定されている。
    出典 :なまはげ - Wikipedia
     

    重要無形民俗文化財に指定されているとは、ぜひとも一度はお目にかかりたいものです。

  • これがなまはげの姿形!

  • 年の終わりに、なまはげに扮した村人が家々を訪れ、「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」と奇声を発しながら練り歩き、家に入って怠け者、子供や初嫁を探して暴れ、主人が今年1年の家族のしでかした日常の悪事を釈明するなどした後酒などをふるまって、送り返す民間行事とされている。
    出典 :なまはげ - Wikipedia
     

    大晦日に行う、1年の締めくくりの行事ということなんですね~
    この後の動画を見ていただくとわかりますが、この1年の総括と次の1年の抱負を語りあうんですね。

  • なまはげが来た動画。 - YouTube

     

    大晦日の夜、こんな感じでなまはげがやってきます。その一部始終をご紹介。
    ちなみにこちらは、なまはげ館の隣、男鹿真山伝承館にて見ることができます。

  • 単に鬼のようなお面をした人が暴れるのではなくて、しっかりとした意味合いのある、伝統行事なんですね!

  • あちらこちらになまはげが見られる男鹿市内

  • JR男鹿線の車両

     

    JR男鹿線の車両になまはげが描かれています。

  • JR男鹿駅のなまはげ像

     

    男鹿半島の玄関口、男鹿駅ではなまはげ像が迎えてくれます。

1/3