Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

カナダ名物「プーティン」食べに下北沢のロブソンフライズへ!

下北沢「ロブソンフライズ(ROBSON FRIES)」で食べられるカナダ名物「プーティン」って知っていますか? 大き目のフライドポテトに、グレービーソースとチーズを細切れにちぎってまぶしたファストフードなんです! カナダ人にとってのソウルフード「プーティン」を供するに行ってみませんか?

view294

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • フライドポテト専門店「 Robson Fries(ロブソンフライズ)」

     

    こちらが新装オープンした「 Robson Fries(ロブソンフライズ)」。プーティンのベストフレンド、ビールも飲めるようになりました!
    東京都世田谷区北沢2-31-5
    03-6407-1485
    月・水~土 12:00 - 22:00
    日・祝日  12:00 - 21:00
    定休日 火曜日
    小田急線・京王井の頭線「下北沢」駅 北口から徒歩1分

  • 今までのテーブルスタイルからカウンターの立ち飲みスタイルになりました!そしてついに念願の生ビール導入しました!
    出典 :Robson Fries - 東京都世田谷区 - レストラン | Facebook
     

    2013年12月にリニューアルオープン! 生ビールとフライドポテト、あああ、、、グルメも納得の幸せなコンビですね。もちろん、コーラとも合う!

  • こちらがカナダ発の新型フライドポテト「プーティン」

     

    こめ油を使ってあげたフライドポテトは非常にあっさり。思わずパクパクいけてしまうので要注意。ダイエット中の人は、絶対行っちゃだめなお店です!! 外カリッ、中ホクッのフライドポテトにグレイビーソース(お肉などを料理する際にでた肉汁などをもとに作ったソース)とチーズのハーモニー、新型フライドポテトは病み付きになるおいしさ!! ポテト好き必食グルメです。

  • 絶妙なソースのからみ具合に脱帽!

     

    一番人気がグレイビー(プレーン)レギュラー420円、ラージ520円。トッピングにはローストビーフ、ソーセージ、ハラペーニョ、トリプルマッシュルーム、ミートボール、ポップコーンチキンがあります。組み合わせも可能。とってもボリューミーなカナディアンサイズはレギュラーに300円プラス! チーズ増量、フライドガーリック、フライドオニオンはプラス100円。200円でドリンクセットにできます。

  • なんという光沢。グレイビーソースは黄金のような、なんとも綺麗な色です。
    出典 :「ジャンクに健康を!」がポリシーのフライドポテト専門店「ロブソンフライズ」試食レビュー - GIGAZINE
     

    チーズとグレイビーがとろけて混ざり、トロトロとしたたります。チーズは非常になめらか、意外にあっさりしており、まったくといっていいほどクセがないため、ついついポテトを食べるペースが上がっちゃいますよ。

  • ロブソンフライズのこだわり3か条

     

    お店に入ると目に入る「ロブソンフライズのこだわり3か条」は、1、お待たせします! 2、ジャンクに健康を! 3、ゼロトランスファット。オーダー後に揚げ始めるので、約7分ほど待たないといけませんが、おいしいものをいただくには、それなりの我慢が必要ですわね。

  • 店員二人。作業中の掛け声が せいっ!  と空手チックでした。
    出典 :フライドポテト専門店「ロブソンフライズ」でおやつ代わりに美味しいフライドポテトを頂きました! | 明日やります
     

    ロブソンフライズではポテトは丁寧に二度揚げされ、7分ちょうどで完成。「おまたせします!」のこだわりがここにも。

  • 7分待ってくださいね。

     

    ジャンクフードというなかれ、材料を厳選し、油も不飽和脂肪酸のないこめ油を使用しているこだわりぶり! 外カリッ、中ホクッの食感の秘密もここにあります。熱や酸化に強いこめ油はポテトをカリッっとおいしくしてくれるだけでなく、美容と健康に効果的とか。作りたてをいただくって、やっぱりおいしいよね。専門店ならではのこだわりです。

  • こちらは下北駅北口から徒歩3分ほどの立地にあるフライドポテト専門のお店。 コレは珍しいですね~。
    出典 :下北沢 「Robson Fries(ロブソン フライズ)」 下北に現われたカナダスタイルのフライドポテト専門店!! - カレー侍 (Curry Samurai)
     

    フライドポテトという、どうしても脇役的になりがちな食べ物を敢えて主力に持ってきたところに、お店のプライドと戦略がうかがえます。日本でプーティンを食べられる話題のお店はココだけでしょう!シンプルな塩味もあればウレシイという声も。

  • ドリンク類も充実!

     

    グラスワイン、生ビール(レーベンブロイ)、ボトルビール
    (ハイネケン/ハートランド/ギネススタウト/バスペールエール/スミノフ/ジーマ)のほか、ハイボールやカクテルはすべて500円。コーラをはじめ、ソフトドリンクは350円(ドリンクセットにすれば200円)。お店は小さいけど、ドリンク充実!

1/2