Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

彦根城周辺をの~んびり散策♪ 何か発見できるかも

彦根城の周辺をのんびり散策してみません?ドラマの撮影などで使われている場所があったり、彦根のマスコットに出会えたり、そして美味しいものを食べて、ゆっくりと城下町を散策していると、お城が栄えたころの面影に出会えるかもしれませんよ。

view70

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 彦根城へ一人旅と
     

    気ままな一人旅。楽しいかな。

  • 彦根城周辺も城下町の面影を多く残していて、近江の小京都を思わせる雰囲気があります。
    出典 :『彦根城』 [彦根]のブログ・旅行記 by 熊野古道さん - フォートラベル
     

    小京都を思わせる雰囲気だなんて、どんな風景なんだろう。一度行ってみたいですね。

  • ちなみに彦根城の石垣が佐和山城から持ってきたって話は彦根城に観光に行った時に知ったよ 彦根城の石垣は所々形が違うのでそのあたりが佐和山城から持ってきた石 http://t.co/gGqkoUGYW4
     

    えっそうなの?プチ知識としてメモメモ。

  • 彦根城

     

    彦根城の見所は、東西南北にある天守の破風の変化ではないでしょうか。大きさや奥行、それぞれの破風を組み合わせた美しさは類い稀です。また、西の丸三重櫓の東側一帯には桜が植えられていて、お花見のスポットにもなっています。時報鐘は、日本の音風景百選にも選ばれているほど美しい音色だということです。

    滋賀県彦根市金亀町1-1
    彦根城管理事務所
    0749-22-2742
    営業時間/8:30〜17:00 年中無休
    料金/[彦根城・玄宮園入場券] 大人 600円・小中学生 200円
    [玄宮園単独券] 大人 200円・小中学生 100円

  • 近世の城で天守が残っているのは12城。このうち、松本、犬山、彦根、姫路の4城の天守は国宝です。
    出典 :彦根城のご案内 - 公益社団法人 彦根観光協会
     

    天守が国宝となっているのは、4つのお城だけだとは、、、。また、彦根城周辺は特別史跡に指定されているということですよ。

  • 彦根城は、明治に解体の危機にみまわれました。
    出典 :彦根城のご案内 - 公益社団法人 彦根観光協会
     

    解体される運命だったとは、、、。しかし、明治天皇が明治11年10月に北陸を訪れ彦根を通られたときに、彦根城を保存するようにと大命されたことで残されることとなったようです。存続することになったいきさつはいろいろな説があるようですが、、、。

  • 彦根城散策コース

     

    ゆっくりと散策して、国宝の天守や重要文化財となっている櫓、名勝玄宮園などを見学してみてください。天守から大パノラマで琵琶湖が臨むことができるので、旅の思い出となりますよ。

    聴鐘庵(時報鐘)/9:00~16:00
    鳳翔台(玄宮園内)/9:00~16:00
    薄茶(お菓子付500円)
    ゆっくり歩いて90分のコースです。

  • 玄宮園

     

    彦根城の北側に位置しています。廻遊式庭園となっていて、臨池閣や鳳翔台などの建物があり、お城を借景として造られた江戸初期の大名庭園となっています。たぶん訪れるてみると、ドラマや映画で見たことがあるかもと思うかもしれませんよ。とても趣があり、人も少ないということなので、紅葉の時期などライトアップされるということなので、ゆっくりと見学することができるかもしれません。

    滋賀県彦根市金亀町
    彦根駅から徒歩で15分
    0749-22-2742
    営業期間/8:30~17:00
    休業日/無休
    予算/子供 200円 彦根城と共通[玄宮園単独券/100円]
    大人 600円 彦根城と共通[玄宮園単独券/200円]

  • 楽々園

     

    こちらには江戸時代に、地震が来た時のために地震の間という避難場所があったということです。江戸時代後期の数寄屋建築として現存の建物だということですよ。井伊家の下屋敷ということで、井伊直弼が生誕した屋敷でもあります。

    滋賀県彦根市金亀町1-1 彦根城内

1/3