Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

角島で海の幸や郷土料理などおいしい食事を楽しむ!

山口県の角島は、本州から離れた海に囲まれた場所。海の幸が豊富で、新鮮な海産物を使った食事が楽しめます。
その他にもここでしか味わえない郷土料理や不思議なメニューなどがあり、角島に立ち寄った時にはぜひ味わっておきたいものをピックアップしました。

  • cocoa更新日:2014/11/06

view102

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • みかん鍋

     

    まるごとみかんが入った鍋。一見不思議なお鍋ですが、柑橘系の風味がきいてとてもおいしいと好評です。
    ここで使われているみかんは、冬に良く見かける箱売りみかんとは違って、鍋用に安全基準をクリアしたものなので安心してたべられます。
    そしてシメで食べる淡雪雑炊は、残った汁に卵白で作ったメレンゲをたっぷり載せて作られたもの。
    名前の通り、鍋が雪で覆われたかのような素敵な見た目もポイント。

  • 鍋用のみかんには「鍋奉行御用達」の焼き印が。
    それで画像のみかんにはこげ茶色の印が入っているのですね。
    今はみかん鍋セットも販売されており、通販まであります。
    角島でしか味わえなかったメニューを自宅でも。

  • たかせ「瓦そば」

     

    瓦の上に茶そばと具をのせて焼く郷土料理。
    この料理の歴史は西南戦争の時代にさかのぼります。
    戦争中に瓦の上へ食料をのせて焼き、食べたことが発祥。

  • 現在では山口県の一般家庭でも広く食べられている瓦そば。
    さすがに家庭では瓦を使わずフライパンやホットプレートで焼かれていますが、瓦そばを手軽に楽しめる食材セットがスーパーで売られています。
    観光で立ち寄った際にはお土産として持ち帰っても楽しそうです。

  • たかせ新館「うなめし」

     

    瓦そばと一緒に頼むものにオススメなのが「うなめし」。
    一見、名古屋名物ひつまぶしに似ていなくもない姿ですがこれはうなめしです。
    でも食べ方はほぼ同じ。ですが瓦そばと合わせて食べられるのは角島ならではのこと。

2/2