Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

【九州の無人島ツアー】憧れの軍艦島に上陸できるツアーまとめ★廃墟ファン必見!

【九州の無人島ツアー】軍艦島は長崎県あるかつて炭坑で栄えた端島という無人島。遠景が戦艦に似ていることから軍艦島と呼ばれています。実はここは知る人ぞ知る廃墟ファンの聖地。憧れの軍艦島に上陸できるツアーについてまとめてみました!

view94

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    軍艦島の地図。

    小さな島に炭坑施設、住宅、学校にスーパーマーケットや病院飲食店、娯楽施設まで揃い1つの街を作っています。
    土地が狭いので建物が上に伸びるしかなく、建築当時としては珍しい高層建築が多いのが特徴。

  •  

    こちらは学校の教室。
    雨にさらされて壁や床、机はかなり侵食されていますが、つい当時の授業の様子を思い浮かべてしまいます。

  •  

    こちらのアパートはいちばん新しく、1945年頃できたそうです。
    鉄筋コンクリートで9階建て!
    当時としてはかなりハイクラスな住宅ですよね。
    緑の植物と同化して朽ちて行こうとしています•••

  • 当時の様子を重ねて見てみるとまた感慨深いものがあります。

  •  

    窓枠のつくりからみて同じアパートだと思います。
    たくさん干された洗濯物から当時の活気が伝わってきます。
    コの字型になっている広場には児童公園が設けられていました。
    住宅には子どもの遊ぶ声が響きわたっていたんでしょうね。

  •  

    海側から上の住宅へとつながる階段。
    急勾配のため「地獄段」と呼ばれていたそうです。

  • いまではその役目を終え、ひっそりと佇んでいる地獄段ですが、現役のときはこんな感じでした。

  •  

    人がいっぱい!
    子ども多いですねーー!
    左手下の建物は売店だったんでしょうか。
    この地獄段を毎日何百人という人が上り下りしていたんですね。
    家庭的な賑やかな雰囲気に満ちています。

  •  

    軍艦島全景。
    美しいです。

  • 在りし日の人々の生活のようすをそれぞれの想像の中で重ねて愛おしむ•••
    それが一般的に廃墟と呼ばれる文化遺産の最大の楽しみ方かと思います。
    ここ軍艦島ではそういった希有な時間を島まるごとというパーフェクトな環境とスケールで味わうことができるんです。
    軍艦島上陸ツアー、行きたいですよねー!